丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

Try me ~私を信じて~

安室奈美恵さんの引退、今話題ですね。

私もびっくりしすぎて、しばらく理解できませんでした。

 

私は自分の思い出として始めてCD買ったのが小学校3年生の時で、そのうちの一枚が安室ちゃんのアルバムだったな~と思いだしました。

カラオケで歌ったり、DVDを見たり、小さなころから当たり前のように活動を楽しませてもらっていたけれど、改めてずっと第一線でぶれずに活躍する姿に、本当に尊敬する気持ちになりました。

(そして、イモトさんのインスタでの投稿を見てすごくすごく感動しました。余談ですが私はイッテQを必ず録画していて、イモトさんも大好きです(笑))

パフォーマンスや歌、見た目ももちろん素敵過ぎて憧れてやまない存在ですが、「在り方」が美しい事に最終的には心をつかまれ、ずっとずっと応援したい、って思われるんだな、と改めて思いました。

 

そして、やっぱり思うのが毎日の中に「あたりまえ」は無いんですよね。

今回の事が大きな衝撃過ぎて、そして終わりが予告されているから

「やりたい事はやっておこう」「行きたい事は行っておこう」って世間の雰囲気がそうなっているけれど、

それは、終わりが見えた時に焦ってする事でもなく、後から後悔する事でもなく、

毎日、後悔ない選択をしていく事は忘れずにいたいなと思いました。

 

やっぱり毎瞬毎瞬、全ては変化しているから、絶対って事はないんですね、、。

変わらない「いつもの日常」が最高に贅沢だなあと感じます。特に8月に体調を崩してから心底感じています。

 

損得勘定で考えたり勇気を出さない為にチャンスや欲しいものを逃す事はしないように、毎日毎日を満足でいっぱいにしようと改めて思いました。

 

そして、今私なにか焦ってやらなきゃとか後悔があるかと言うと、特に思いつきませんでした。

細かいダメ出しや改善点はもちろんあるけれど、

以前のような焦燥感や「頑張らなきゃ!」みたいな気持ちは出てこなくて

毎月欠かさず書いていた新月の願いみたいなのも、以前ほど書く事が無く、、。

結構今の生活に満足している事に気付いていた所でした。

 

 

安室ちゃんのTry meは盛り上がるので大好きなのですが、Try meの意味のニュアンスは副題の 「私を信じて」の感じの意味だそうです。

詳しく歌詞も読んだことが無かったけれど、改めて読むとなんか素敵です。

 

私も、安室さんの引退はすごくすごく残念すぎますが、「私の小さいころからの憧れの存在」としては変わらないし、どのような形になってもこれからも応援していきたいと思いました。

何度でも「自分を満たす」にOKを出そう!

三連休、終わりましたね。

私は、三連休前からお仕事が忙しく、久々に疲れていました。

お客様に関わり充実していながらも

1年で一番忙しい時に、当たり前のように今年も忙しくなった事に感謝しつつも本当に疲れていました。

 

久々に

帰って寝落ちの毎日→夜中に目覚めてお風呂入ったりだらだら→朝寝起きが辛い

これを繰り返していました。

 

こんなに、最近まで出来ていた好きなように睡眠が取れて自分の時間にゆとりがある事がどれだけ幸せなのか再確認できました。

自分が疲れていたり、余裕が無いと人に与えられないなと実感しました。

 

 

久々のお休みは、予定をずらして

ひたすら寝て、食べたいものを食べて、身体をとにかく癒すように努めて、

それから家の掃除をして、、、そこでやっと元気が出ました。

 

そしてやっと好きな人と会ったり、誰かとコミュニケーションを取る段階になりました。

今の私は人との距離感はこれが一番ちょうど良い^^

 

そして、なんか不機嫌な人がいたり、悩みを相談されても「分かる~」と感じました。

自分が余裕が無くなる状態になった事で、

改めて余裕が無いとやっぱり人の事なんて見れないな~と客観的に人を見れるようになりました。

自分が満たされてはじめて、人にやさしく出来たり、何か起きてもまあいっかと受け流せる。

結局、自分の機嫌さえ取れていれば、取っていればそれで良いんだと思いました。

 

汚い話で申し訳ないのですが、

疲れている数日間、久々に便秘になりそれも更にストレス(身体が重い)だったのですが

「ひたすら寝て、食べたいものを食べて、身体をとにかく癒すように努めて」

これをしただけで5~6回のお通じが、、!

身体も軽いし、気持ちまでスッキリ!

翌日の肌ツヤも別人のようでした。

 

私、どれだけこの数日溜めこんでいたんだろうと思いましたが、同時に心と身体ってやっぱり繋がっているな~と感じました。

心と身体のバランスが取れていないと、どこかに不調が起きて知らせてくれますね。

不自然な状態ではなく、だんだんと自然な状態になり、沿えるように

頭で考えるのではなく、感じた事や心が向いている事に素直に行動したいなと思いました。

その為の努力をしよう。

 

これをもっともっと深めていこうと思いました。

 

怖いと思ってしまう事もあるけれど、怖さも持ちつつ、

もう特にプライドも執着するものも無いのだから、まずは実験の気持ちで取り組んでみようと思っています。

 

本当に気持ちのままに生きてみたら、自分の人生はどのように変わるのか?

本当に好きな事だけ追求してみたらどうなるのか?

好きなようにお金を使ってみたら?

好きなものを食べてみたら?

好きな人とだけ付き合ってみたら?

などなど

 

これまでの自分では絶対に選ばなかった選択の方を、まずは鵜呑みにしてやってみたらどうなるんだろう?

好奇心のみに委ねてみたらどんな展開になるんだろう、という楽しみ、みたいな気持ちがあります。

 

その一方で私は、自分がつまらない・魅力が足りないと感じてしまう事がこれまで良くあり

これはまだ完全に抜けてはいません。

なぜ、そう思ってしまうのか、と考えた時に

「周りに魅力的な子ばかりで、劣等感を感じる事が多かった事」の気持ちがまだある事が分かりました。

なので、自分が満たされる毎日「気持ちのままに生きてみる」事に自己満足していても、

「良い悪いは無く、好みなのだ」と思っていても、

 

何年も握りしめていた「こんなつまらない私」に感情を持っていかれ、そこで感じて遊んでしまっている事に気付く事があります。

 

でも、どちらの気持ちにも嘘はなく、どちらの感情の時も「そうなんだなあ」と認めて

その上で「私の幸せは私の基準で決める」と決めていきたい。

何度も「地味かもしれない、人から見たらつまらないかもしれないけれど、今ここからは自分が満足できる・幸せに感じる生き方をする」にOKを出してあげたいと思います。

 

 

 

○数秘学を元にした診断を行っています○

お申し込みを頂いていました。

ありがとうございました!

 診断出来る心の状態になってから納品したかったので納期ギリギリになってしまいましたが

精一杯行わせて頂きました^ ^

何か心に響くものがあれば嬉しいです!

wowme.jp

モヤモヤを感じたら…

昨日、久々にモヤモヤする感情の波がありました。

 

友人と、ある挑戦をしました。これまで苦手としている事でしたが

今回、軽やかな気持ちで挑戦し、自分たちなりには割と上手くいったんじゃないかなと思って私は満足していました。

もちろん「もっと上手くなりたいな」という気持ちも持ちつつ

かつ「でも現時点での実力であれば十分過ぎるくらいだ」というどちらの気持ちもありました。

だからこそ「まあいっか、満足^ ^」という気持ちでした。

 

 

その後、友人は「やっぱりこういうの苦手だ~!」「でも私達にしては十分だよね」という私と同じ感じの気持ちなんだな~という話をして来ました。

その上で「○○さん(共通の友人)だったらもっと上手にやっていただろうな、私達は本当に向いてないね」

という話をして来ました。

 

私も「そうだよね!○○さんは本当にすごいよね。でも私は今回いい経験になったし、これくらいの出来でも私は結構満足しているよ♪」と言う感じで伝えました。

 

 

その時はそれで特に何も思わず終わったのですが、その後、何だか段々とモヤモヤしてきて

なんでだろう?と考えました。

 

・友人が私達は向いてないね、と言った言葉で、友人の低い自己評価に私もひとくくりにされた事で、私も「いまいち」と思われた?と悲しく思った。

→自分でもこれでいっかと満足していたはずなのに、実はどこかですごいと思われたい気持ちがあるんだなあ~

 

・○○さんはすごいよね、と他の人を褒めた事で自分を否定された様な気持ちと比較され負けたような気持ちになった

→私、プライド高いな~。まだ誰かと比べて勝ちたい気持ちがあるんだな。手放したいな~

 

・○○さんの事、いつも心の中で責めていると分かっていた。

→自分の気持ちを見ていく前にとても関わりが強い方だったのですが、自分らしく生きると決めて自然と縁が切れた方でした。

とても強く影響力がある方なので考え方に引っ張られる事が多く息が詰まる事が多かったのです。

「好きではないといけない」気持ちに勝手になっていた方でした。正論をいつも主張して、行動も常識的であるので反論できない方でした。他にも「~でないといけない」という感情に様々な場面でさせられる方でした。

自分の心を見ていくと、お世話になり感謝している気持ちと、本当はとても嫌いで恨む気持ちまで在る事が分かりました。

 

その方を第三者が褒める事で、とてもモヤっとしました。

その方を否定したい、負けたくないという気持ちがあり、その人にはできるのに、自分はそんなに出来ない事を認めたくないんだな~と分かりました。

 

でもそれは自分の中の問題なんですよね。その方は誰に対してもいつも一貫して強く、私を限定して直接攻撃してきているわけではないのです。勝手に自分が無理をして合わせて過ごしてきたせいで苦手意識や嫌いな気持ち、負けたくない気持ちが育っていたのですね。

 

書き出して気付きましたが、

>「好きではないといけない」気持ちに勝手になっていた方でした。正論をいつも主張して、行動も常識的であるので反論できない方でした。他にも「~でないといけない」という感情に様々な場面でさせられる方でした。

これって、以前母親にも同じような感情を抱いていた事を思い出しました。

私が自分の中に「~でないといけない」と言う気持ちが強かったから、そういう考えの人を引き寄せて、勝手にその世界にいたのですね。

 

嫌なら良い距離感まで離れるか、息が詰まるほど無理をしなければ良かったのですね。

 

私はもうこういう感情になってまで、誰かに合わせる事はしたくありません。

 

自分を偽って無理してまで「誰かの様になろう」としたくもないし、「自分らしく」楽しく自己満足で豊かな生活を選ぼう、と再認識できました。

 

その後、友人がまだ気にしていて、またその話をしてきたので

「私はあれで満足しているし、もしもう次に需要が無かったら、もっと上手な人にやってもらおう!私達には私達の良さを活かして違う分野で勝負しよう(笑)」と伝えました。

 

今回の事でも思うのですが、友人は全く悪くないのですよね。

友人は友人の世界で感じた事を口に出しているだけで、それに意味づけをしているのは私なんです。

勝手に心の中で反応しているだけんですよね。

 

 

モヤモヤした気持ちに一時的になりましたが、しっかり心を見ていく事で、納得できました。

私はまだまだ人と比べる気持ちも持っているし、一つずつ手放したい。

出来ない事を素直に認める、割と出来た事に関してはお陰様の気持ちを持ちたい。

なにかを「~でないといけない」といけないという決めつけの気持ちが出てきたら「本当にそうかな?」と疑う気持ちを忘れずにいたい。

今は「~でないといけない」事なんて一つもないと感じているし、もっと穏やかで自分も相手も認めて尊重できる世界で私は過ごしたい。

 

 

心のモヤモヤや、感情の波を感じると、自分の心と向き合う時間になれますね。

なぜだろう?としっかり向き合い

いつもいつも、自分が豊かな方を選んでいきたいと思います。

 

 

 

wowme.jp

やっぱり「夢の生活」は積み重ねからの習慣かもしれない

最近、とってもお気に入りのものが手に入りました^ ^

ここ数カ月、欲しいな~と何となく思っていたシルクのパジャマ。

なかなか「これだ!」と思うものに出会えていなかったので、しばらくそのままにしていました。

 

 

最近、秋物に洋服を切り替える時に掃除も一緒にして、また大量に物を捨てました。

もう、どんどんいらないものが出てきて、「こんなにまだ持っていたんだな」と思いました。

いる・いらないの基準がハッキリして、そこへの基準が厳しくなったことと

「結局どうにかなるから、もし必要であればその時に考えればよい」と思うようになり

物への執着がかなり無くなったこと、も関係しているんだと思いますが

何度も断捨離しているのに、またゴミ袋何袋も捨てました。

 

部屋がどんどん広く、快適になっていっています。

これまで何度も大掃除をしてものを捨てて、困った事は一度も無かったから、とういうのも捨てる事への躊躇が無くなったのかもしれません。

 

そして寝具類も見直し、お洗濯したり捨てたり収納の仕方を変えて気持ちがすっきりしていた矢先に

ふと立ち寄ったワコールで

「可愛い!」と一目ぼれするシルクのパジャマに出会いました。

 

パジャマにしては、これまで掛けた事のない金額のものでしたが

「これで快適に過ごせるし、何より着るたびにときめいて機能の良さも知っている。欲しい^ ^」と感じ、買うと決めるまでは一瞬でした。

 

そして、寝る時に私はブラを付けないでこれまで過ごしてきました。

ナイトブラも気になっており、これまで購入した事もありましたが、良さが良く分からず結局使わずに終わる、と言う事ばかりでした。

 

ワコールの下着が好きなのですが、ワコールのナイトブラも良い、とちょうど友人から聞いていたのでお姉さんに相談して試着させて頂いた所

「これまでのナイトブラはなんだったんだろう!」と思うほど心地よく、程良いホールド感がとっても気に入りました。

ウキウキしながら購入し、その日からお風呂上りが更に嬉しくなったんです。

 

はじめてジェラートピケのパジャマを着た時も幸せ~!と思いましたが

その時を思い出す様な、でも、心から心地よく感じたのは初めてだったかも知れません。

 

金額でも、世間の基準でもなく、

自分が、あぁ~幸せだなあ。と感じる事をキャッチして、そう感じられる瞬間を沢山用意して生きたいなと改めて感じました。

 

初めは勇気を出して意識的に取り入れるようにしていたけれど、

改めて考えると、自分の性格に合わせて幸せを感じるように行動をする事が自然に感じられるようになりました。

だんだんと習慣化してきているんですかね^ ^

 

お花をおうちやサロンに飾る事

好きなコーヒーを切らさないようにしておくこと

満足できる睡眠時間を確保する事

試したいと感じた事は考えず、まずやってみる事

好きな服を着る事

人との距離感を無理や我慢しない事

 

などなど、「絶対に」ではなく、できる範囲でゆる~くですが

今の自分が心地よく過ごせる事、気を済ませる事に関しては、労力を惜しむ事が無くなりました。

 

些細なことでも、その「姿勢」の積み重ねや習慣が大きな変化になるのだと感じています。

それが、当たり前に選択の仕方の基準となり、だんだんと「夢」と思っていた生活や心の状態になるんだと思いました。

 

人生は日常の積み重ねだからこそ、私はなにか特別なイベントに焦点を当てるのではなく、日常こそ一番豊かな時間にしたいなと感じています。

毎日をお気に入りばかりでいっぱいにしたいと思います。

 

wowme.jp

選択の仕方・基準

前回ブログにまとめた出来事で、

「もっと、もっと、自分の大好きを追求して、生きるぞー!」と再認識しました。

 

今日、お休みでしていたことと言えば、やっぱり朝からヨガに行き、エステに行きました。

私は、何かしようと思うと、やっぱりエステに行く事が好きなんだと思いました。

きっかけは自分けのコンプレックスだったけれど、

飽きっぽい私がこんなに何度も何度も飽きずに行き続けるって本当に好きなんだなあと再認識しました。

お酒を飲んだり、美味しいご飯を食べに行ったり、旅行したり、、そういうのも、もちろん楽しいと思うけれど、相対的に見た時に情熱が全然突き抜けてはいない。

やっぱり、エステが好きなんだと思いました。

 

今日は、オープンして少したったエステのお店に行きました。

フラットな気持ちで行きましたが、びっくりする事がありました。

お店も可愛い。インテリアにこだわりを感じるし、一生懸命清潔にしているのも感じる。

でも、でも、絶対に繁盛しない気がする、、、!

 

全く説明が分からないし、施術も何も良くないし、自信無さげだし、、、

どこにもエステの部分に魅力を感じないお店がある意味初めてで、驚いてしまいました。

試行錯誤している感じは伝わるけど、多分少ししたらつぶれてしまうのかなあと思う位、、

ここまで、「どうしたんだろう、、!」と感じるエステに出会ったのは初めてで衝撃でした。

 

それでも、自分が選んで、行ってみようかな、と思ったので損したとか、そういう気持ちは特にありませんでした。

自分の期待値より低かった、と言うだけですもんね。

この前の時とは大違い!

twinklejewels.hatenablog.com

やっぱり、この出来事があってよかったです。

 

 

気持ちは「ここは好みでないエステだった」と言うだけだし、

「私は何が好みではなかったのかな?」と考えた時に、沢山の答えが出てきました。

 

 

そして、思いました。

 

 

私は今後、何年後かに今のサロンを多店舗展開をしたいと思っていて、それに向けて沢山準備をしていました。

そしたら、今のメンバーの活躍の場をもっと作れるし、なにより一緒に夢を叶えていく過程が楽しいので

叶う・叶わない関係なく趣味の様な気持ちで、ワクワクした気持ちで取り組んでいます。

 

「上手くいかなくても、いっても全ては学びになる。全ては完璧」って言葉がいつも背中を押してくれます(^^)

 

最近、起業する女性が多いけれど、なかなか上手くいかない人が多いのも知っていました。

美容業で起業しても9割以上が数年で廃業・もしくは借金している現状も知っています。

それも、学びになるし全ては完璧だとは思いますが、

起業する時の決断ってすごいし、カッコイイと尊敬しています(私は今、したい気持ちが一切ないので、、)

 

なので、事業としてまず自分が多店舗展開を軌道に乗せた先に

なかなか思うようにいかない人の支援と言うか、

客観的な目から見たサポート(要はコンサルになってしまうけれど)をして、

成功する一歩のお手伝いが出来たら楽しそうだなと思いました。

 

これまで掛けてきた時間とお金がその人の才能として開花しやすいと言うけれど(誰に言われるでもなく自発的に勝手にかけてきたものだから)

そうすると、私はどう考えても莫大な時間とお金をエステ業界にかけてきています。

これを何らかの形で活かせたら良いなー!といまいち過ぎるエステを受けた帰りに思いました。

こんな気付きがあっただけでも行った価値がありますね!

 

 

 

 

そして、最近、なぜか食事やお出かけのお誘いを受けるのが同じ日に重なると言う事が多く。

どうしようかな。と考え、即決できない時にまだ少し損得勘定が出てきました。

 

その時に、印象に残ったお話を思い出したんです。

その時から、選択したり決断の基準が少し明確になりました。

 

 

聞いたお話しで、本当かも分からないし、曖昧な部分もありますが

私は鳥肌が立ったのでシェアしたいと思います。

 

人は生まれる前に「~を学びます」と決めてこの世に来る。(おそらく魂の課題)

来る時に三途の川を渡ってくる(?あいまいです)

川を渡る事で一回記憶を失った状態で生まれてくる。

 

人生が終わってまた三途の川を渡る時に

あの時決めた「~を学ぶという事は出来ましたか?」と聞かれて、課題を思いだす。

 

その時にこれまでの全ての記憶が鮮明に蘇り一生を振り返る事になるそうです。(?あいまいです、、)

 

そしてルートは何でも良くて、それを学べたかが大切、と言うニュアンスで私は捉えました。

なので、学びを得られたかが大切だから、どんなルートでも良いんだよ。

 

こんな感じのお話だったのですが、

全てが繋がったように感じたんです。

 

 

その時に、自分の思うように、自分をしっかり見つめて満足に生きよう。

と改めて思いました。

 

お誘いも、上記のお話を含め、

結局学ぶためなら、どこから学ぶのかを選ぶだけ、今の自分は何が好みなのか?だけなんだな、と分かりました。

それを毎日選択していくだけなんだな、と。

 

 

 

人と比べたり、世間で言う常識に縛られたり、自分を責めたり、窮屈な思いをして毎日つまらなく生きるって

そんな事はする必要もないし、そこにエネルギーをつかっている場合ではないな!と。

 

自分が好きな事、得意な事、心地の良い事を大切にして

それで人に喜んでもらったり、豊かさを分かち合ったり、、でもまずは自己満足で良い。

なにか上手くいかない事があったら、しっかり見つめ、同じ所で繰り返さない。

自分の為に、自分が未熟な部分は変わるよう努力し、他人に対してや環境に関しては好みに合わせ選んでいくだけ。

 

結局、「生きる事が学び」なら、私は自分が好きな事や好みの生き方をしながら学びたい!

好きな事や得意な事で喜んでもらって、そこでの努力や時間を気付きや学びにしたいと思いました。

 

わざわざ苦しさや好みでない生き方に妥協した事での学びなんて、毎日が修行にも程がある、、!

と思いました。

 

だから、何事も「こう!」と自分の狭い価値観で決めつけずに「在り方」が大切なのだ。

ルートはその時の自分の学びに合ったものが自然と用意されるから、わざわざ限定して取りこぼしに行くな、と言う事なのかな?と思いました。

 

いつもいつも、好きな方、楽しい方、嬉しい方を選ぶ癖を付け、

出来ない事はパートナーや身近な人に助けてもらい、自分もそのままで勝手に役に立ち感謝される状態になり

調和して生きてく、

 

こう在りたいなあと改めて思いました。

 

 

合っているかも分かりませんし、上手く書けている気もしませんが、この様に感じました。

 

それから、

「したくない事」「嫌いな事」「違和感」に対して本当に拒否反応が出るようになりました。(求めていない事へ妥協する事への耐性が不要と分かってしまったので)

もっともっと少数精鋭の、とにかく好きな事、心が求めている事へどんどん向かっていこう、と思うようになりました。

そして、心は行動的ですが、実際の行動はかなりの内向的になりました。(したい事しかしないから)

 

でも、それで良いんだ、と今は思っています。

それは、世間に求められている「~とあるべき」に応えるって何の意味もないな、と思っているからです。

自己満足で良いんだな、自分で責任を取る心さえあれば。と思いました。

 

どんな失敗も何かの気付きや学びの第一歩と言う完璧さがある。

そんな事を感じていました。

 

 

 

数秘学の診断をやっています。自分の事をより深く知れるきっかけにして頂けたら嬉しいです(^^)

wowme.jp

 

【JUST WOMAN】 差し支えないステージへの一歩

先日、立て続けにストレスを感じる事があり、その帰りに真穂さんのFBグループ

santasantasan.hatenablog.com

 

こちらを読みながら帰宅しました。その時に何だか投稿したい気持ちになり、初めて書かせてもらいました。その後、皆さんとのやり取りや時間がたった後に気付いた事があったので備忘録的にアップさせてもらいます^ ^(真穂さん許可を下さりありがとうございます☆)

 

私の投稿です。

こんばんは、いつも皆さんの投稿に刺激を受けています。
今日は皆さんにお礼をお伝えしたく、投稿させて頂きました^ ^

私は気持ちが高まった時にブログにまとめているので、それでかなりスッキリする事が多くいつも満足しているのですが、今日はコミュニティの皆さんの投稿に救われました( ; ; )

今日、お仕事で続けざまに嫌な気持ちになる事がありました。
まず、仕事に活かせそうな勉強会に参加したのですが、なぜか気持ちが高まらず、、でもお世話になっている方からお声がけを頂いたし、もしかしたら役に立つかも、と少し妥協した気持ちで参加しました。
やっぱり、勉強会の空気感や内容が全く合わず、エネルギーを無駄遣いしてしまった気持ちでサロンに戻りました。
自分の感性を信じてあげられなかった事にとことん落ち込み、尋常ではない疲労感を受け止め、癒すための紅茶を購入しながら帰路につきました。

その後、まだそのエネルギーが消化できていない状態で、お客様から電話がありました。
元々やり取りをしている時から違和感がある方からだったのですが、大切なお客様だし、、と精一杯対応していましたが、段々とエスカレートしている感じがありました。
今日は最後の一撃のような、心からストレスを感じるようなやり取りをせざるを得ない状況になりました。

誠心誠意対応しましたが、心底嫌になりました。

何が嫌かと言うと、こんなストレスを自分に感じさせている事です。
勉強会も、お客様もあちら側は関係ないですよね。
その出来事を起こしてしまった、という自分に心底悲しくなりました。
ちょっとした違和感があったのに放置していて許していたからこの様な結果になったんだ、結局は自分だ!と思い、それがとても悲しくて悲しくて、

帰りながら、久々に抱えきれないほどのストレスを感じ、
「はあ、本当に嫌だ」と独り言を言いながら少し涙を流しました(笑)
怪しいですね。笑

そして、繰り返したくないから、ここで蓋をしたりポジティブシンキングはしないで
しっかり感じ切り、もっと自分の感性を信じて勇気を出して決断して行こうと改めて感じました。

自分の気持ちをきちんと見ていくことで感受性が高まり、やっぱり小さな事も感じやすくなりました。
身体に反応が出たりストレスを感じやすくもなりました。

でも、それでも私はやっぱりこちらの生き方が断然良いし
違和感を放置せず、自分が幸せを感じる生き方をもっともっと素直に求めていきたいと思いました。

そんな中、皆さんの投稿をみて、とても勇気を貰いました。
上手くいく時もいかない時も、その中から沢山学びを得て、進まれている姿にとても晴れやかな気持ちになったというか、
私も、自分なりにトライ&エラーの繰り返しをして行くだけだ!と改めて感じました^ ^

失敗してしまった事があったけれど、しっかり学んで繰り返さない様にしていこう、と思いました。

本当にこのコミュニティに参加する事ができて良かったです。

いつもありがとうございます^ ^

 

この投稿に反応して下さる方もいて、「そっか~!」と更に思う事が沢山。(名前を伏せて一部シェアさせて頂きます^^)

私も今日嫌なことがあり感情が揺れていたので、とても共感したと同時に勇気付けられました。

相手は関係なくて、違和感を放置しておいた自分のせいだということ、

すべて自分が引き起こした結果だということ、本当にその通りだな、と。。 すべて自業自得、シンプルなんですよね。

 ここから学んでもう繰り返さないために、私も違和感を放置せずきちんと対処していこうと思います。

わたしも何か違和感があってもそれを放置してしまうことがあります。
仕事のことだとなおさら、違和感を感じても、「仕事だからやらなきゃ!」「大切なお客様だから」という気持ちが先に出てきて、

その「なんか嫌だな」という違和感?みたいなものを押し殺してやってしまうと、なぜかあとで、「やらなきゃ良かった」という結果になってしまいます。
だから、この投稿を読んだ時に、ああ、わたしと同じだ、このやり取りリアルだなあ、やっぱり一緒だ。。と、思いました。

「仕事だと、違和感を無視するのが難しい。」と、わたしは今は思っていたのですが、もしかしたら、難しいと思っているだけなのかも?と、ふと、今思いました。
思い切って、違和感を感じたら関わらない。で良いじゃないかと。自分に言ってみる。(でもこれ書いててドキドキします。。)

 などなど、、私もそれに対して返信させてもらいました。

私もそうだなあと思いました。仕事での違和感って、難しい所がありますよね。。
私も、仕事は我慢があって当然、と決めつけがあった事にある時に気付き、それで、そこを疑うことから始めてみたのですが、まだ「完全に違和感を排除」は難しいように思っています。

でも、「我慢すべき」と自分を痛めつけるのを当然とするのと、
「仕事だから自分の意志だけでは動けない部分もやっぱり多少はある」し、「でも、私は嫌である」と認めながら、少しずつ理想を取り入れて行けるなら
私は勇気を出して後者を選びたいなあと思っています。

まだまだ沢山失敗するし、きっと今は想像出来ないお仕事の仕方もある少しずつ変えていこう!と楽しみながらやれたら嬉しいな〜と思いました^ ^
コメント頂けて、すごく考えさせられました!ありがとうございました。

 そして真穂さんから頂いたコメントです。

すでにたくさんの方がコメントされていてわたしはもう見てるだけでも大丈夫かな〜って思えるくらい、皆さんが皆さん同士で受け取り合っているのが伝わってとても嬉しいです^^
以前、動画と補足の音声に流したこともありますが(初島で撮ったときのやつかな。)、感じることに蓋をしないですべて受け止めると感じたら、仕事等、「そうはいってもこれはこうしないと」と当たり前に諦めていたことも、違和感が強くなることってあると思います。

そういうときに、「それじゃ不都合だから」って慌ててまた蓋をするのか、
「不都合だけれど事実そう感じているのだから仕方ない」と明らめてそこをごまかさないのか、
こわいけれど後者を選択し続けられるかが分かれ道な気がします。

その上で、最近自分自身が感じているのは、それをこわくても選択し続けると、あるところからまた見え方感じ方が変わって、「差し支えない」というステージになるような気がしてます。

たとえば今回のYさんの実体験でたとえるなら、
あ、合わないとこに参加しちゃった、でもまあいっかーとか、このお客さんまじでうるせー!うぜー!←Yさんこんなこと言わんな。わたし語になってますごめんなさい。笑
でもまあいっかーみたいな。。。たぶん、余裕ができるのかなと。

自分にひたすら無理をさせない、感じたことに蓋をしないことを選択していくこと、そうやって自分を最優先にしていった結果、まるっとこだわりが無くなる、どうあっても自分の幸せ感に差し支えがない、そういう自分になっていくみたいです。 もちろんそれが良いことというわけではなくて、あくまで結果論としてね!

そしてそれは、自分を振り返ったときに、神経質か?ってほどにわたしはわたしの心地よさを追求して、気が済むまでそれをやって、そしたら気が済んで、
まるっとどっしり、いやなこともミスったなあってことも惜しかったなあってことも、自分の幸せ感に差し支えなくなってくるんだなあと。

だから今、Yさんがふたせず感じて、自分をこんな気持にさせることをもう二度としたくない!!って気持ちって、すごく素晴らしいことだし、引き続きすごく大切に大切にしてほしいなって思っています!
すごく大変な一日だったかもしれませんが、またひとつ、Yさんが望むYさんであることを加速させてくれる出来事だったかもしれませんね^^
これからも応援していますー♪

 こちらのコメントは何度も読ませてもらいました(^^)

真穂さんとこういうやりとりをさせてもらえるのも、何だか継続コースの時みたいでした。

コメントありがとうございます^ ^凄く凄く心に響きました。そうですね!私もそのステージに行きたいな(自然な形で)と思いました^ ^

最近、更に!なのですが、真穂さんに以前教えていただいた事やブログでシェアして下さっていたことを、今になり腑に落ちるという事が増えました。
あの時、意味は分かるけれど、今の私はまだまだその段階では無いなー!と思っていた事をやっと時間差で受け取れたような感覚なのですが…。

どんな出来事も完璧なんですよと教えて頂いた時、そう思えない状況だったので、いつかそう思える日が来るのかなあと思っていたのですが、最近少し理解出来たかも??と思う事があったんです!

どんな出来事も、完璧なのだと腑に落ちると、私はどんな出来事からも豊かさを感じられるとどっしりした気持ちになれるというか、いつも、いつも自分の幸せや心を大切にしていると
どんな出来事があっても、私は自分が幸せになる選択を出来る!って自分と信頼関係が築けるような感じ、というのでしょうか、、?

そのようなものを感じて、だからこそ逆に気持ちに敏感になっても、悲しい気持ちになっても、しっかり浸れるようになったように思います。
何よりも優先順位が自分の心になってきているように感じます。

その先に、真穂さんが仰る(だからこそ)まあいっか〜^ ^(私は結局幸せだ)に繋がるのですかね^ ^
トライ&エラーしながら、更に観察して行きたいと思います。
凄く素敵な事を教えて下さり本当にありがとうございます。

 

こんなやり取りをさせて頂いて、お陰でその後も色々考える事があり、、。

 

 

まず、私はどうしてこんなにストレスを感じたんだろう?と。

その後に分かったんです!「私が、以前、この様な考えがあったから」だ!と。

 

今回、参加した勉強会も、やり取りをしたお客様も、どちらも紹介での繋がりだったんですね。

細かいお客様に関しては、まず、初めから「紹介だから良くしてもらって当然」感があり、それがとても嫌だったんだ。と分かりました。

その、初めから「プラスでしてもらおう」「値段以上に良くしてもらおう」「紹介だから特別扱いしてくれて当然だよね?」感がとても嫌でした。

それを感じているのに、紹介だから、仕事だからと上手くやらなきゃ、しかも紹介相手の顔を立てなきゃ、に違和感しかなかったのに、どんどんうるさくなる、、。

むしろ他のお客様より労力をかけているのに、全然満足されていない。

精一杯対応しながらも、心では「関わらないでほしい」と思っている(笑)

でも、それを仕事だからとギャップを割り切り、許してしまった結果が自分へのストレスとしてのしかかってきたのだなと思いました。

 

そして合わない勉強会は、「良くしてくれている方からの紹介だから」が自分の中にあったからモヤモヤしたんだ、と分かりました。

勉強会なら、「合わなかった」こと自体も、更に「そういう事をしている人がいるんだなあ」と言うだけでも学びなのに「紹介だからわざわざ行ってあげた」と自分の中に上から目線が入っていたんだなあと分かりました。

また、「どうしよう、合わなかった。その後の感想を伝えたり、次会った時にどうすれば良いんだろう」みたいな取り越し苦労もあり、それが疲れを加速させていました。そんな事、その時に考えれば良い事なのに。

そして、あまり乗り気ではなかったのに結局行ってエネルギーを消耗した事に更にストレスを感じている。行かなきゃ分からないけど、損得勘定が働き必要以上にストレスを感じてしまっていました。

 

そして、これは後から分かったのですが、自分のがめつい思考の部分が出てきて、とても嫌気がさしたんですね。

思ったのが、もし何かをする時に、紹介であれば、もし紹介で無かったとしても選ぶかどうか、と考える心の余裕がある方がいいな、と感じました。

これは豊かな人なら当然かと思いますが、私はやっと気付けました。

(しかも、同じ日に自分が紹介された側と、紹介された人を対応する側で学ばされていたような、、)

 

紹介だとどうしてもそれだけで特別扱いしてくれると期待しちゃうんですよね。(決して自分がすごいわけでもないのに!)

なので、普通の対応で(十分良くしてくれているのに)マイナスに感じてしまう。

 

今回の事で改めて、逆に紹介でなにかをお願いする時は、迷わず定価かそれ以上にお礼が出来る状態でお願いしたいなと改めて感じました。

「友人だから」「割引してくれるから」って理由で仕事や手間を公私混同するのは好みじゃないなーと心底思いました。

真剣にやっている側からすると、本当に関わらないでほしいし(だったら初めから希望の所に行って欲しい。そちらの得だけに付き合わされたくない)、

でも、自分も深く考えずにこれまでそういう事、平気でしていたなと反省しました。だからこその学びだったのかもしれません。

 

自分の時間や労力、お金を見直し大切にするようになってから、妥協して物事を選ぶ事が減ったからこそ、そういう事に違和感を感じたし、「無理!」「改めて気を付けよう」と強く自分の行いを振り返る出来事が起きたように感じました。

私は、本当に好きな少数精鋭のものに時間や労力、お金をかけたいし、出来ればそれに関わるものが繁栄してほしいと思うようになり

むしろ、どうにかお礼の気持ちも込めて同じ時間や労力、お金を使う機会があれば必ずそちらに使おう!と思うようになりました。

 

これまで本当に逆の事をしていたんだな、と心底反省したんです。

自分を豊かにしてくれるものに対して、「少しでも得しよう」とか本当にお門違いにも程がありますよね、、、!

自分だけ得しよう、って考えに人に豊かさはやってこないと思いました。

 

もう、本当にストレスで、胃が痛くなる程の出来事でしたが、この事を気付くためだったのかもしれません。

 

また、真穂さんのして頂いたコメントの「差し支えない」ステージに関して

「そうなんだー!」と素直に思いましたが、私は、今回の件ではまだ「まぁいっか」レベルではなかったな、と思いました。

そのうち、そんな風に思えるように、引き続き心が荒れ狂っても(笑)一つずつ見ていこうと改めて思いました。

 

そして、ふと思ったんです。

「どんな事も学びにできる」「結局全ては豊かな出来ごと」「嬉しい事も、悲しい事も、良い悪いは無い」「全ては完璧」などなど

これらの事が腑に落ち、毎日起こる出来事も自分が勝手に色付けをしない、「あぁ、豊かだなー!」という全体で見られる、まっさらな心が手に入ると

「まぁいっか^^」になるのかな、と。

なんか、その穏やかな心って、仏の様だなと感じました(笑)

 

少しずつ自分の癖を取りながら、のんびりと豊かさを感じられる毎日になったら良いな、と思います(^^)

 

 

 

数秘学の診断を行っています☆

wowme.jp

 

 

マネして良い、中途半端でも良い、失敗しても良い。

8月も終わりますね。

 

私にとって、一瞬とも言える一ヶ月でした。

こんなに日にちが早く過ぎるのは初めてと思うくらい、早く過ぎました。

 

理由はこれかな、と思うものがありました。

初めてと言えるくらい、毎日、その日を生きていました。

なので日にちの感覚もなく、ただただ毎日をどう過ごすかに集中出来ました。

20代が終わる事にストレスを感じていた7月のカウント式の過ごし方は本当に苦しく、その反動もあってか30代になった後の心が変わった8月は何だか軽やかでした。

 

そしてこれまでは、常に相対的に生きていました。

見えないいつか、に向けた生き方は本当に辛く、つまらなかった。

そして見えないいつかに期待する、って今の自分を信頼していないから、周りに過度に期待をしたり、自分で責任を取らない心や現状を受け入れない心があるので、本当にいまいちな毎日なんですよね。

それを心底実感しました。

これからも、毎日毎日、その日、その時に集中して生きたいなと改めて思いました。

 

 

そして、ふと、堀江社長の話を耳にしました。

詳しいことは全然知らないし、本もパラパラと立ち読みしかした事がない位ですが、なぜだか堀江社長の印象は良かったんです。まっすぐな人なんだな、という印象だけありました。

そして先日、この話を耳にしてとても心に残りました。

 

心に残った内容は、本当に何となくな文章ですが

「俺は事業のほとんどがマネだし、それで良いと思っている。自分より優れているものは徹底的に勉強して取り入れたいし、マネして会社を良くしたい。広げたい。

そして、やってみて当たるのなんて10個やって1個あれば良いほうだよ。そんな確率が普通だよ、成功したいならもっともっと挑戦しなよ。そんなすぐ成功出来たら誰でも成功してるよ」

 

みたいな感じだったんですが

 「凄い、私も共感する!これ、全てに当てはまると思う!」と感動したんです。

 

私は、成功という言葉は割と好きで、ただ自分の解釈としては「自分を嘘無く生きる」が具現化したもの、という意味で捉えています。

誰かと比べて、ではなく自己満足。心と行動と結果が上手くリンクした良いエネルギー状態、と言う感じで思っています。

 

変なプライドは持たずに、素直にすごいと思った事は、行動してみる。

教わろうと時間と労力とお金をかけてみる。私もそうなりたいと学んでみる。

成功している、こうなりたい、と言う人が見つかったなら、そのテンプレートを真似れば、

自分のダメなところが見つかり「だからダメだったのか!」と分かるし、持っていなかった価値観を知れるし、ちょっと違ったかも、と思っても、それがまた学びになりますよね。

なんで私は、そう思ったんだろう、と徹底的に掘り下げても良いし、、。

 

そして、何事も、成功している人って、見返りを求めず、損する事も気にせず、「素直にやってみる」だなあって本当に感じさせられました。

成功って言っても大それたことでは無くて、

例えば、やっぱり常に幸せな恋愛をしている人は無意識レベルで恋愛に興味があり誰よりもトライ&エラーをしている。そして自分を幸せにするために沢山行動している。全然他人任せにしていない。人のせいにもしていないし、ちゃんと自分で責任を取っている。(と思う)だから、相手がどう、ではなくいつもその子自身が幸せになっている、と感じました。正直、相手は関係ないんですよね。

 

私も、仕事が好きだから(趣味だから)最近、そこにかけているエネルギーが上手く出せていると感じる時は、思った以上の展開になる事があるなと思いました。

気付けば「これ、面白そう!」って沢山思いついては、周りに「聞いて~!これどうかな?」って迷惑な位言ってたな(言ってるな、、(笑))だから沢山言いっぱなしの事もあるし、失敗も沢山しているし、でも気にならないくらいまた沢山アイディアも出て、やってみて、たまに当たりが出て、嬉し~!ってなって、、だなぁ。その繰り返しだ。気にならないくらい軽やかな心で、結構トライ&エラーしているな、と振り返って思いました。

そして、その反面、飽きたら、嫌になったら、ライフスタイルに合わなくなったらいつでも辞めて良いと思っている位執着心が無いなあ、とも思いました。

それは、仕事で「自分を生きる大切さ」の実生活実践編を学んで、「こうかも!」と掴んだ事もあり、少し自信がついたからなんだと思いました。

きっと、これは他にも応用できるから、その時の自分のエネルギーが向いている事に全力で生きればよいんだ、それできっと何とかなるし、それが一番自分にとって幸せな人生なんだろう、と心から腑に落ちたからなんだと思いました。

 

だから、熱量があるから楽しくて、失敗が嫌とか勇気がどうとか、人になんて思われるかなあ、なんて全然気にならなくなるんだなあ。

まずは、自分の思うままに、もっともっと言い訳せずにOKを出してあげたいな、と思いました。

 

始める時に怖くなる「真似が恥ずかしい」「中途半端に終わったら恥ずかしい」「失敗したら恥ずかしい」気持ちがもし有ってもそのままで、

それでもやっぱり、自分を信じで「よし、やってみよう!」と行動できる人が、自分の思う「成功」つかめるんじゃないかなって思いました。

そもそも、その「恥ずかしい」って気持ち、幻ですよね。

本当に思うけど、この世のほとんどが真似とか模倣だから、「自分はどの人から何を学びたいか」「どこに時間や労力、お金をかけたいか」で良いと思うし

もし「中途半端」「失敗」であっても、行動をしたことから何かを学ぶし

自分か「恥ずかしい」って思ったとしても、他人はそこまで自分に興味が無いし、、(笑)

 

そして、その気持ちの奥にある、握りしめている気持ちが自分の核だったりするし、それに気付いて変わっていきたい。

うっかり行ってしまいがちな、他人のせいにしたり、言い訳したり、何となくポジティブシンキングしたり、祈ったり(笑)それよりも、もっともっと大切な事があるなあと改めて感じました。

失敗しても、ちゃんと感じて、最善の一手を見つけて行動し続けたい。

 

 

 

そんな事を感じました。

8月になり、心が自由になり、本当に生きやすく、充実もしているけれど

自分の心を大切にする事により、本当に感受性が高まり、敏感にもなったんです。

なのでまだ切り替えの段階にいる今、身体が付いていかず、免疫力低下からの体調不良にもなりやすくなりました。

ここは、ひずみと言うか、今はトレーニング中だ!と思い、今まで以上に身体と心を労わりながら、筋トレの様に少しずつ高めていきたいと思います。

30代になったので、アンチエイジングの面から見ても、身体的な衰えは避けたいので

9月から身体の筋トレも力を入れようと思っています(笑)

 

でもでも、9月からもあれこれ考えず、良い感じに素直に心のままに行動していこうと思います~(^^)