丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

核が見つかる

こんばんは。

先日記した、10日間が終わりました。

 

憧れの人に会ったり、過ごす時間の中で、たくさんの明るいパワーに触れたり

何度も同じ単語を耳にして大きな学びをたくさん得ました。

こちらは晴れやかな気持ち良さがあり、とても素敵な時間でした。

 

 生き急がない、マイペースを感じながら好きなことを中心に過ごした毎日は、凄い!理想!とかそういう感じではなく

あまりに自然、楽過ぎて、このままこんな毎日が続いたら良いなと思いました。

そうなる様に少しずつ変えていこうと思いました。

 

 

一方で

一人で家で過ごす日というものが出来ました。

色々と最近学んだことをまとめたり、昔のノートを読み返したり、思うことを書き出してみました。

 

そしたら、だんだんと親への苛立ちが止まらなくなりました。

何でだろう?と思う冷静な自分と止まらない苛立ち。

 

この一年でだいぶ向き合い、両親との関係も回復していると思っていたのですが

 

心の奥の奥では、全然そんなことがありませんでした。

まだまだ心に蓋をして、見ないでいた部分が急に出てきました。

 

 

 しばらく考え

話すなら今しかない、と思い、勇気を出して母に電話をし、長時間、泣きながら話しました。

 

ひどいかなと思う事を沢山伝えました。

この時に伝えたのは、小さい頃からの我慢していた嫌だった事です。

 

感謝している事は大前提だけど、

言えなくて、いつも我慢していて辛かった事が実は沢山あり、それを伝えたり分かり合う努力をしてこなかった事にとても後悔したので

 

今伝えたいと思い、連絡した、と言う感じです。

(そして、私も「きっとお母さんは(お父さんは)~だから仕方ない」と諦めている事が多かったけど、どう思っての行動だったのか確かめたい気持ちもあった)

 

 

内容は一度ブログにも書いたのですが、まだ自分の中でも消化できておらず、いつかもしアップしたいと思えるタイミングが来たらしようと思います。

 

 

電話を切り、ノートに何ページも自分の気持ちをまた書き出し、

 

 

ふと傍観して

 

 だからか、、といろんな事が繋がりました。

 

 

この気持ちを小さい時から握りしめて長い間誰にも話せず、自分を責める方向に使ってきたから

 

 ずっと何かあった時、この選択で生きてきたんだな、と

 

 

 

これまで何度も沢山書き出して来ましたが

 

レベルが違うくらい

 

汚く、悲しみと苦しみと沢山のこれまでの人生の後悔や暴言が出て来ました。

 

押し殺したり、耐えた日々を思い出すと、心の中は本当に泣いていました。

 

今思えば体からも沢山のサインが来ていました。それすら全然受け入れていなかった。

 

 

書き出しながら沢山泣きました。

 

 その時は、今よりも狭い世界と狭い価値観の中で必死に戦っていた。

 

 誰になんと言われても自分を肯定する強さが持てなくて、その度にいつも自分を押し殺していた。

 

まずは今から自分がしっかり肯定し、その時のどんな気持ちも認めてあげようと思いました。

 

 

その時に本当の意味で、やっとかもしれません。

 

 心から、誰にどう思われても私は自分の価値観、心を真っ先に大切にして生きようと思いました。

 

 

どんな苦労や損と思われる事、人からの冷たい目線などあったとしても、

自分が自分を肯定し、認める事には全く敵わないな、と。

 

どんな選択も、自分が選んだのだからと本当の自己責任の気持ちで強くいられる

 

他人に依存したり求めたり、ジャッジすることも無くなる

 

 そうなるんじゃないかなと思いました。

 

 

 

 

私は、こことの向き合いが核なんだと思いました。

 

向き合い方はまだまだ上手くなく、今回も心からこれで良かったのだ!とは全然思えていません。

 

あの後3日も連続で電話をしましたが、何となくモヤっとしている部分ももちろんあるし、自分の問題に人を巻き込んでしまった罪悪感があります。

 

両親も、本音の本音はどう思ってるかなんて分かりません。

 

 

 

 

 

その時に本を読んで、とても心に残っていた文章があって(何となくなのですが)

自分が見ている鏡に映る世界は現実、の場合、

人は鏡の方を直そうとするけど、鏡の中を直すことなんてできないよね。

現実を変えたかったら自分(の心と行動)を変える事だよね。

そしたら自ずと映る世界(現実)は変わるよね。

 

 

 みたいな感じで、本当にその通りだなと思いました。

 

 

 

自分の心が変わった事で、他にも沢山変化が起きた現実を私は自分が体験しています。

 

本当に豊かさだらけで、かなり快適で生きやすい生活になってきている。

 

 

でも、今回の事はまだ向き合えていなかった部分だと気付く事が出来ました。

 

 

今回の事で

 

しばらくはそんな自分とじっくり向き合おうと思いました。

 

 

 

wowme.jp

 

 

あの日に夢見た過ごし方

金曜の夜から、約10日間

私にとって、ノートやブログに以前書いていた「こんな生活がしたいなー!」な事柄の予定が続いており、せっかくなので10日間意識して過ごし、その時に感じる気持ちをしっかり味わってみようと思いました。

 

ノートを振り返り、以前書き出していた

こんな感じの生活だったら良いなーと思っていたこと、

書き出していた何となくな内容ですが、この10日間での過ごし方は

 

・その時に情熱を感じる好きなことをメインで生活している(自分の意志で時間や予定をコントロールして、自分のペースで生活する)

・友人や好きな人に会いたい時に会う
・のんびり自分の振り返りの時間など心と身体を癒す時間がある

・実質的な仕事の時間は週3から4

・好きなことを学ぶ

・その為に行きたい!と思った時に好きな事を学びにいく

・今だ!と思った時に憧れの人に会いにいく

・家の掃除や洋服・靴の手入れが出来ている

・ゆっくり寝て、たくさん食べて、程よく運動している

・憧れのホテルでご飯を食べる

・好きな行きつけの居酒屋でボトルを入れて飲む(笑)

・行きたいエステに行く

 

これらかな?

その横に

何でそれを得たいのか?も書いてありました。

 

結局は、その時に得られる感情が欲しいんですよね。

そのための思いつく行動ですよね。

 

なので、今の私にとってはこの生活が思いつく中でかなりの快適な過ごし方なんだな〜と思ったのですが

感情が得られれば満足するのだから、

細かく書き出していた事柄でも、その内容通りに叶うかどうかも

ルートは割とどうでも良くなっていました。

 

ただ、現実に叶う形になり、それはそれで嬉しいな!と思います。

 

私は自由に選べる生活をする時間と心のゆとりがある事。

好きな事を学び、それで自分や周りの生活がより豊かになったり、選択肢が増える事。

そしてそれを自分で認めて、叶える努力をする事。

(人に流されずに自分の意志を持ち、自分を保つ事)

自分の気持ちに正直に生きた上で、周りの人と関係を育む事

これが大切なのかな?と思いました。

 

久々にゆっくりノートを振り返る時間も作りました。

過去のノートもまた読み返し、書き出したりすると

やっぱりノートに書くこと、振り返る事って大事だなと思いました。

 

以前はとにかく予定が多く、生き急ぐように努力したり予定を詰めてしまう所があったので、

スローな毎日は本当に久々です。

以前の自分なら、絶対にできない過ごし方でした。

 

この10日間はじっくり気持ちを味わい、

私は結局何が嬉しくてどうしたいのか?を感じてみたいと思います。

 

でもすでに憧れのホテルでご飯、 も嬉しいですが

お家でご飯、も十分過ぎるほど嬉しいと思っています。

 

すでに結局は自分の心次第で、自由だな豊かだな、と感じられればそれで幸せなんだと思っています。

 

人生自己責任、自分で自分が思う幸せになると決めて行動する。

 

これだけですね。

 

10日間、ゆったりと過ごしながら心をじっくり見つめたいと思います。

 

 

やっぱり、日々学びだ

こんばんは。

最近、ありがたい事にワオミ―やその他でも数秘を交えた相談を受ける事が増え、公にして始めたころよりディープな相談が増えました。

 

私としては、力になれているか心配な部分と、その方にとって必要なメッセージは最適なタイミングで届くはずだから

私は肩肘張らずに精一杯診断とメッセージを送るだけだ!と楽しんで行わせて頂いています。

 

診断した方は、こちらからはこのブログを見ているかを確認していないのですが、

 

最近診断させて頂いた方のお陰で

自分が「自分らしく生きる・大切にする」為に動きだした頃のノートを久々に見るきっかけを貰いました。

 

改めてみると、やっぱり感じる事が変わっていて、

その時に初めて知って衝撃を受けた事も今では当然のように(元々知っていたように笑)自分の価値観として定着していることもあれば

 

これ、最近意識するのを忘れていたな~!と思いだした事もありました。

もしかしたら、このメッセージを受け取るために私はこのノートを開いた??と思う位ドンピシャでした。

 

うっかり、元々の「頑張り過ぎる」「自分を責める(ことで感情を楽しませている)」部分がひょっこり出てきていた事に気付けて、

 

もっともっと、本音をキャッチする事を丁寧に。

そして「誰がどう」ではなく、いつもいつもキャッチした本音「自分はどうしたいのか」を肯定していく。言葉と行動を一致させていく。

 

これを怠らずに、素直に。

自己責任で生きられる強さを持とう。

そう、再確認できました。

 

というか、本当にこれだけでは???と改めて感じました。

 

それ以外はのんびりと適当に手を抜いて、助けてもらって

人生は豊かだな~♪とニコニコしていたいなと思いました。

 

私も、もっともっと自分の生き方に真剣になり

それが自分の為になり

周りの大切な人の為になる。

 

そんな生き方をしようと改めて思いました。

 

 

しばらく、カフェで振り返りなどする事も無かったので、

久々にそんな時間も作ろうかな、とも感じました^ ^

 

 

wowme.jp

辛いダイエット終了までの道4

続きます。

気血水の時のお話しに戻るのですが、私の現状に対するアドバイスはこちらでした。

 

・氣を消耗させない 、無駄遣しない⇒食事制限や人に氣を遣い過ぎない

・腎を補う⇒冷え、水毒の改善

・肝を補う⇒血の巡りを良く する、ダイエット する、ダイエット

・軽い運動を取り入れる

 

・血を補えるように質の良い食事をきちんと食べましょう。

・砂糖、小麦粉、乳製品を控えると体の改善がはやくなる

血虚の症状があるため魚と卵を取り入れる⇒魚は白身魚が良い

・飲み物は黒焼き玄米茶が良い

・クコの実を取り入れると良い

・酢は使わない方が良い⇒使うとしたら梅酢

・納豆、豆腐、キノコ類は控える

・気が足りない状況なので、米を抜かない

・お酒を飲むときは翌朝に梅干しを取り入れる

 

そして、食事のバランスは、一日米を2合前後で米6 対 野菜3 対 動物性たんぱく質

 

とアドバイスを頂きました。

 

アドバイスいただいた時から、少しずつ出来る範囲では意識していましたが、米6割の食事は中々出来ていませんでした。

まだまだ糖質制限やカロリー制限をしていた頃の気持ちから離れられずにいました。

しかも、お米2合!???と言う感じでした。

 

 

そして、その後に何冊か読んでいた本でふと、いくつかのキーワードが入ってきました。

 

それが

お米の素晴らしさ。

PFCバランスで完全燃焼すること。

筋肉トレーニングはとった糖質をエネルギーとして使用してくれること。

 

これって私の欲しい姿が全部入ってる?

と思いました。色々な事が繋がりました。

 

 

お米は気を巡らせエネルギーになる。気を補う、この言葉がとても響き、

気虚の改善もしてくれるお米って凄いなと思いました。

カロリーや流行りのダイエット方法をしていたら、まず意識はしません。

 

そしてPFCバランスとは、糖質・たんぱく質・脂質のバランスを整え、完全燃焼させようと言う感じで

提唱する方により決まりなどは少し違うのですが、お米二合を食べれば、先程アドバイスを頂いた米6 対 野菜3 対 動物性たんぱく質1の割合で大丈夫そうでした。

逆に、お米を2合前後食べないと、栄養が不足してしまうので完全燃焼できないのです。

凄い!しっかり食べる事で身体が整うなんて最高!と思いました。

 

 筋肉トレーニングはとった糖質をエネルギーとして使用してくれるという事に関しては、

 

私は糖質を気にしながら生きてきて(アイスは一時的に沢山食べてたけど笑)

もうそれをやめたかったけど

 

急にご飯中心の二合・食事の6割にする事で、太ることだけでなく、

どちらかというと切り替えの時期に眠気や体調の変化も怖かった部分がありました。

 

その時に読んだ、森拓郎さんの「糖質をやめられない女子の~」な感じの題名の本を読み(適当ですね笑)

 

森拓郎さんの本は分かりやすいのでこれまでも何冊か読んでいるのですが

 

この本は

 

ざっくりまとめると、糖質は筋肉トレーニングをする場合は、摂取する事でエネルギーとして活きるから、

糖質を食べるなら内容やバランスなどを選択して食べ、筋トレすると良いよ!と言う感じなのですが

 

「そうか。もし身体が日常生活で代謝がいきなり出来ない場合も、筋トレが糖質の存在をプラスにしてくれるのか!」

という事を再認識できる内容でした。

 

 

 

ジムはこれまで何度も辞めているのと、加圧も気が進まなかったのですが

 

本には、有酸素はしなくて良い

筋トレもまずはこの3つだけで良い

 

と、ハードルを女子向けにすごく低く設定して紹介して下さっていたので

 

そうなんだ。

これなら私も出来そう!

むしろ、筋肉付けたいと思ってた!

 

 

と、ワクワクし、9月頭に早速ジムの体験に行きました。

 

その時の一番大切にしたかった事が自分のペースで生活する事だったので

 

レッスンの予約をしなくてはいけなく、

また行う時間や帰る時間も決まっている

ヨガや加圧のパーソナルトレーニングが合わないようになっていました。

 

また機会があれば、その時にやれば良いんだから、とヨガも加圧も一旦やめることにして

 

もし、はじめたジムも辞めてしまったとしても

大丈夫!何らかの気付きがあるだろうと思い、

その時に気持ちが向いているジムに入会しました。

 

 

これまでジムの続かなかった言い訳としては

何をしたら良いかわからない

有酸素が特に嫌い

おばちゃんが占拠しているか、本気のサラリーマンだらけで場違い感が凄い

結局、中途半端に時間を過ごし、モチベーションが続かなかった。

 

つまり、なんだかんだ言い訳をし、自分の意志の弱さに負けた、という事ですね。

何となく痩せそう、のモチベーションではダメでした。

 

今回の目的ははっきりしており

体力を付け、健康状態を向上させるために筋肉を鍛えること

のみ。

 

女性のみのジムが職場の近くにあった事を思い出し、そちらに行ったのですが

過ごしやすくて驚きました。

 

みんなそれぞれの事を行い、おばちゃん集団が占拠するようなこともない。

おじさんやサラリーマンもいないので、全然浮かない。

同じような感じの女性が多く、誰も他人に興味がない

出会い目当て?の声をかけてくる人なんてもちろんいない。

おじさんが行なった後のマシンを触る時に躊躇してしまうストレスもない

不手際でパンツが見えたり、ブラが透けたりしていたら気まずいという配慮もいらない

 

→まとめると、つまり余計なことを気にせずトレーニングに集中出来る。

 

9月頭から、時間を確保し、トレーニングに行くようになりました。

 

 

そして、筋トレの良いところはやり過ぎないこと。

私のような努力ベースタイプはやればやるほど良いと思い、やり過ぎてしまうのですが、

むしろ筋トレの大切な所は身体のためには一回行ったら筋肉の為に休むこと。

 

これで、ジムに行かない日、いけない日のストレスが無くなりました。

ヨガのような、何となく行かなきゃ感も無くなり、ヨガもやりたければジムのレッスンの時に時間にいくだけ。

 

ダイエット関係なく、筋トレ、楽しいー!となっており

 これは、理由なく好きなので続くやつだ!と確信しました。

 

30歳になり、筋トレが好きになるなんて思いませんでした。

運動、大嫌いでした。

 

私の中で

運動イコール辛い、向かない、苦手、という設定がありました。

 

ジムの筋トレは好きな時に行けるし帰れるし、強度も回数も選べるし自分の内面を見つめながら出来るのでとても楽しいです。

 

私は元々体脂肪率が高いし、すぐにムキムキになるなんてあり得ないので

はじめは身体と向き合うこと。

代謝を上げること。

筋肉を動かし、身体の強張りを取ること。

 

これらの助けになれば良いなーなんて思っていました。

 

 

つまりは、

食事制限と栄養失調、ダイエットのストレスがそもそも向いていなかったんだ。

必要な栄養とエネルギーを取り入れて、代謝力を上げて、元々持っている体に戻ろうと気付けました。

 

その為に、身体の変化をスムーズにするために筋トレが合いそうと思い、併用してみたら案外良くて楽しくなり

 

これが相乗効果になったみたい!

 

という事です。

 

そして、しっかり食べる毎日なので、食に関して考える時間や執着心が圧倒的に減りました。

 

おなかすいた→バランスのみ気を付けてしっかり食べる。

 

これだけです。

本来ならば、これで良いのですよね。

 

これまでは考え過ぎてとってもストレスを抱えていたんだなあと気付けました。

 

この執着心の無さが、きっと良いのだろうと感じています。

 

 

 

 

思いの外、効果がほかにもありすぎて

まだまだ書きたい事があります(笑)

細かな効果やおススメの本などは次にまとめます。

 

 

wowme.jp

 

辛いダイエット終了までの道 3

続きます。

 

 

そして、以前プロの方に見て頂いた私の診断は下記のようなものでした。

・陰性 体質 の水太りタイプ。水毒になやすい
・血が薄く血虚の 状態。気と血は繋がっているので気が減ると血が減る

・冷えがお悩みの症状全てに関わっいる
・元々腎のエネルギーが少ないので、ストレスで体調が左右されやすい
血虚のため、きちんと食事をしないとエネルギー求めて暴食してしまう

 

気血水の説明もさせて頂きますね。

身体のとらえかたにはいくつか物差しがあるのですが

気血水という捉え方があります。

この3つの要素でバランスをとり成り立っているというものです。

気・・・生命エネルギー

血・・・血液やホルモン、代謝産物など

水・・・リンパ液、消化液、汗、尿など

 

これらが上手く働くとバランスを取れるのですが、異常が出る時があります。

虚→足りない

滞→滞り

 

気の異常

気虚→気力が足りない、エネルギー不足

気滞→気が巡らない、ストレス、パニック障害なども含む

 

血の異常

血虚→栄養が足りていない。血液などが流れる材料不足

血滞=瘀血→血の流れが悪くなり滞る

 

水の異常

水虚→血虚と同じ

水滞=水毒→水が上手く排泄できずにむくんでしまうなど。冷えの原因にも

 

私は、血虚と水毒が強いという診断、そして腎が元々エネルギーが足りない=元々婦人科系が弱りやすい。

とっても当っているな、と思いました。

 

そして、この診断をして頂いた時に知ったのですが、

全ての根本なのは、「気虚」からだそうです。

気虚=気のエネルギー不足は全ての悩みの原因になるから

心を整える事が大事だと知りました。

逆に、それを解消しないとその他の疾患も治りずらいとの事でした。

 

つまり、心の状態が現状を作っているのだと再認識出来ました。

やっぱり、心と身体は繋がっていると分かりました。

 

 

 

では、これから在りたい姿である

毎日の食事は楽しく豊か、体型はお気に入り

 

になるには?

と考えてみました。

 

 

そもそものそもそもは、

人は生きるために食べる。

 

そして、身体の仕組みを改めて勉強しなおした事で

人体の仕組みってやっぱり凄いなあ・・・!と思いました。

 

いつもいつも、

心臓は動き、血液を供給し

胃腸は食べ物を消化・吸収し

臓器や細胞、神経など

私の身体の中では一つ一つが複雑すぎる程、沢山のものが

生命を維持しようと凄いバランスで何があっても休むことなくはたらき続けている。

 

これって、今まで考えた事があまりなかったけれど

本当に本当に凄い事だと思いました。

 

 

以前、何かで聞いた印象に残ったお話を思い出していました。

もし、一億円もらえるなら

目と一億円を交換しますか?

手足と交換しますか?

 

しませんよね。

もうすでに、あなたは何憶とも交換できないものを沢山持っているんですよ。

 

と言う感じのものです。

私、これまで何でも「無い無い」と言い続けてきたけれど

ここでも気付けていなかったな~!と思いました。

 

本当に持っているものに目を向けると、その瞬間から豊かになれますね。

豊かさって、気付く事が大事なんだって改めて実感しました。

その豊かさに気付けるからこそ益々豊かになれるんですね。

 

身体からしたら、

こんなに毎日休まず働き続けているし

どこにも疾患も無く一般的には健康の範囲の状態を維持しているのに

 

無い無いと、欠点ばかりにフォーカスしストレスをためる

当たり前の豊かさに気付けず文句を言う。

満足に栄養は入ってこないし無理をする

 

これでは、願望も叶わなくて当たり前だな~と思いました。

身体からしたら「え!これでも満足しないの?」って感じだと思います(笑)

 

 

ここで、自分の身体に対して

心からありがとうと思いました。

 

どんなに無茶なダイエットをしても

精神的に落ち込んでいても

栄養が偏っていても

 

それでも今日まで健康状態を維持して来てくれた。

 

ダイエットや運動って効果の実感を急ぎがちですが

すぐに変わらない、一定を維持しようとする「ホメオスタシス」のお陰で

少しくらい身体に負担をかけてもすぐに変わらずにいてくれるんですね。

あの時は、「なんでこんなに変化が無いんだろう」と思う事もありましたが

変化がなるべく無いようにしてくれているおかげで助かったことも沢山あると思います。

 

なので、ここまで来た時に

「もう絶対に身体に負担をかけない。」

「ダイエット=健康管理、生活の管理、選択の為の知識を付ける事」

「一時的ではなく、一生無理なくできる自然なもの」

この状態でいようと誓いました。

 

自分の心と向き合ったり、本音を追求する事により

頑張る事が苦手になったり

我慢は避けたいと思うようなったり

ストレスに弱くなっていたので、無理な事はしないと言う事はとてもしっくりきました。

 

なので、自分がどう在りたいか明確にしたら、「選択」に注力し、その為の「知識」を身につける事をしよう!と思いました。

そしたら自己責任の気持ちを持ち、勇気を出してトライ&エラーですね。

 

あれっ!これって自分を生きるための方法と同じだ。

 

やっぱりカテゴリーは違うけれど、

自分の心を大切に人生の選択のセンスをつければ、何事も上手くいく。

 

なら、きっと私、大丈夫だ~!

と根拠無く思えました。

 

次にやっと方法ですね。

 

私はずっと方法ややり方にフォーカスしがちでしたが

心の在り方が何よりも大切だと実感しています。

この部分を丁寧に、大事にしていきたいなと思っています。

 

 

 

 

こちらも、ちょこちょこお申し込み頂けて私の方が勉強させてもらえている感じです。

申込みして下さった方、心から感謝しています。

ありがとうございます。

wowme.jp

 

 

 

 

 

辛いダイエット終了までの道 2

前回の続きです。

 

twinklejewels.hatenablog.com

 

 この時に出てきた決めつけはこちらでした。

 

・食べたら太る

・自分は太っている

・コンプレックスを解消するには努力が必要

・痩せたら〜とずっと願いを握りしめている

・食べることにとても囚われている

・ダイエット=我慢、努力

・私は太りやすい

・太りやすいので少食でないと痩せない

・でもいつも我慢で、我慢がストレス

・少食に出来なく、我慢弱い自分はダメだ

・冷えている、むくんでいる、疲れやすい、色々やってこの状態だから改善は難しいのでは。

エステは心の支えで、その生活が無くなる=恐怖

・ヨガに行きスッキリする=好きだけど、行けない日が続くと不安になる。行かない事がマイナスに感じる。

・体型の悩みやダイエットの悩みは飽きたけど、解消されないので結局気にして苦しんでいる

 

じゃあ、こうだったら嬉しいな、も書き出してみよう!と隣のページに書いてみました。

 

・食べたら太る

→食べたら、私の栄養となり、綺麗な身体を作ってくれる。むしろ、好きなだけ食べられるって凄く豊かな事!

 

・自分は太っている

メリハリのある健康な綺麗で魅力的な身体。お気に入りの体型。

 

・コンプレックスを解消するには努力が必要

→自分の心の在り方が変われば努力せず楽に解消できる

 

・痩せたら〜とずっと願いを握りしめている

→今の状態は願いが叶っていたので、現状はベストな事を認め感謝しよう。

そもそも、どんな想いで過ごしていたときも身体は健康でいられるよう頑張ってきてくれていた。

 

・食べることにとても囚われている

→食べる事は生きる事、豊かな事。食欲は本能の部分なのだから、むしろ自然な状態に戻ろう。自分の欲求に素直になる。

 

・ダイエット=我慢、努力

→ダイエット=一生健康で楽しく過ごすためにその時の最善の選択をする事

 

・私は太りやすい

→私は、代謝が良く、常にベストな状態でバランスが取れている。

 

・太りやすいので少食でないと痩せない

→それは思い込み。満足するまで毎食食べられる。しっかり栄養を摂り豊かさを感じる。

 

・でもいつも我慢で、我慢がストレス

→我慢は好きで無いのでしない。ベストな選択をする。

 

・少食に出来なく、我慢弱い自分はダメだ

→こんな本能レベルの欲求を我慢していて自己実現なんてありえない。小食不要。我慢不要。心と身体のバランスが取れて、いつも幸せを感じている。

 

・冷えている、むくんでいる、疲れやすい、色々やってこの状態だから改善は難しいのでは。

→心も身体も健康なので、体温の高く代謝が良い身体、スッキリしており体力がある。

 

エステは心の支えで、その生活が無くなる=恐怖

エステは大好きなので、自分の趣味で行く。ダイエット目的ではなく、好きだから行く。

 

・ヨガに行きスッキリする=好きだけど、行けない日が続くと不安になる。行かない事がマイナスに感じる。

→ヨガも趣味だから行く、にする。義務感や追われる感じがあるなら根本がずれるので一旦距離を置く。

 

・体型の悩みやダイエットの悩みは飽きたけど、解消されないので結局気にして苦しんでいる

→毎日の食事は楽しく豊か、体型はお気に入り、その生活にすると決めた!

 

 

こんな感じで、見直しをかけました。

その時は、すぐに「出来る!」とは思えなかったけれど、

一般的に体型に悩んだことが無い人は、食べる事に悩んだり、囚われたり

見た目に関して恥ずかしい気持ちや自己否定は生まれにくいだろうな~

 

私は、この経験から、沢山の事が学べたのでそれはそれで良かったと思えるけれど

もう、この悩みは本気で飽きたので、

自分が その時に書き出した「こうだったら嬉しいな」側の価値観に行きたいなと思いました。

 

その時にすぐには方法は浮かばなかったけれど、ワクワクした気持ちだけは感じました。

 

そして、

更にこれまでのダイエット方法なども振り返ってみました。

 

・食事制限

・置き換え

・断食

・マクロビ

エス

・ジム

糖質制限

・MEC食

・パーソナルジム

・加圧

・補正下着

・サプリ

・健康食品

・ローフード

 

行った方法や取り組みの日々の事は、

多分、書ききれません。一通り経験しています。

他人から見たら、なぜそんな滑稽な事を?と思われると思いますが

見た目へのコンプレックスって本当に強烈なんですよね。

解消できるかもっていう希望は、お金も行動もなんでもやろうって気持ちになります。

(余談ですが、だからこそ、悩む方の力になりたいので誠実に仕事をしたいと感じています)

他にもたくさんやりました。

視野も狭かったのですが、目の前にある事に対して、とにかく沢山試しました。

 

今はなぜ上手くいかなかったか分かります。 

前回書いたように、心も身体も貧しい状態だったからですね。

そして、「努力ベース」な上に、

いつも魔法の様に「自分を変えてくれる何か」を求めていました。

努力している分、勝手に強く見返りを求めていました。

 

いつも自然体で生活していて、好きなような生活でいつも可愛く楽しそうな周りの友人がとっても羨ましかった。

私は、なんでこんなに努力しているのに、全然満足できないんだろうと思っていました。

努力が足りないから、もっと頑張らなきゃ!と思い更に一人で勝手に頑張っていました。

 

人と過ごす時間が続くと苦痛になりました。

友人や好きな人と過ごす外食は楽しいし、お酒も好きだけど、その後の一人での調整時間が苦痛でした。

 

食べる事も好きだし、楽しい食事会も好き。

でも、私は皆と同じ食生活ではすぐに太ってしまうし、肌荒れもしてしまう。

そこのギャップに悩んでいました。

全然バランスが取れていませんでした。

 

 

 

 

 

まず、健康とか栄養の事を勉強しなおそうと思い何冊か本を読みました。

望診を学んでいる事もあり、

身体の勉強もしたり、

自分の好みの本だけでなく、幅広く本を読んで

しばらくは自分と向き合っていました。

 

以前にプロの方に私の身体の診断をしていただいたり、エステで身体に対するアドバイスを頂いた時のメモを読み返したり、

必要なキーワードをキャッチ出来るよう

フラットな気持ちでいられるよう心掛けていました。

 

 

8月末になり、ふと、もっと筋肉付けたいな~!と思いました。

自分は元々運動が大嫌いで、どこかのブログに書いた加圧のトレーニングはちょこちょこ続いているけれど

そんなに楽しめていませんでした。

マンツーマンなのは良かったけれど、

思うほど結果が出ていない事が申し訳なくなり

また、あれこれ親身に対応してくれればしてくれるほど、少し息苦しく感じて少し距離を置きたいと感じてしまっていました。

 

 8月末、この頃ですね。

気持ちはだいぶ前向きになっていました。

twinklejewels.hatenablog.com

 

 

 

 

wowme.jp

 

 

辛いダイエット終了までの道 1

何度かブログにも書いていた、私の昔からの悩み。

 

それは体型でした。

 

少しの増減はあっても、目指していた体型になった事はなく、

いつも自分の中で

少しましになったけど、惜しい、と感じる体型か

 

少し気を抜いて、ぽっちゃりしてきて焦る、と感じる体型

 

この二つをずっと繰り返してきました。

 

思考錯誤しながら、気持ちの浮き沈みも感じながらここまできました。

 

心の勉強をすればするほど、現在の状態は私が作りだしたもので

 

望んでいないと感じながらも、これを望んでいたのだと認めざるを得ないな~と感じていました。

 

 

 

 

 

自己満足すぎますが、最近のことを振り返りまとめてみると

 

 

6月末辺りで、小さな悩みでウジウジするのが心底馬鹿らしくなり、

ダイエットをしなくなりました。

 

→ということは、やはりダイエットはストレスだった。

心の声を聞くと、こんな事で悩む事には飽きていたし、もっと自由な心でいたいと思いました。

 

この辺ですね

twinklejewels.hatenablog.com

 

 

そして30歳への年齢に関して7月頃ストレスをかかえ、更にダイエットがどうでも良くなりました。

 

→人生について深く考えている時、(思考がなぜ生きるのか?とか、無気力になるほどモヤモヤしている時も何度かあった)ダイエットとか本当にどうでも良かった。

 

この辺ですね

twinklejewels.hatenablog.com

 

まず、食べる寝る・目の前の欲を満たす、が最低の行動だったので、

見た目に関しての悩みや行動は、良い悪いではなく高次な悩みだと改めて感じました。

つくづく、贅沢な悩みだと思いました。

その時に、私って本当に無い物ねだりの思考だったから、この状態なんだと心底感じました。

 

そして、その時は、本当に心が重い状態で、書いていた「消化試合」という例えが的確過ぎると感じるほど無気力でした。

 

今思えば異常なのですが、毎日アイスを2個は必ず食べていました(笑)

本当に無気力だったので、そんな事しか楽しみが無かった、と言うのは贅沢な上に傲慢だなあと感じますが、その時は、それしか楽しみが見出せないくらい

精神的に何もする気が起きませんでした。

 

これまでの私からするとおかし過ぎるし、

損得勘定生活が長かったので(そんなこと、何のプラスになるんだ)とか(これ以上太ったら恥ずかしい)とか(高いアイスばっかり買ってお金もかかるし、肌もあれるし、栄養価的にもありえない)とか一般的な「正論」の攻撃思考が出てきました。

 

でも、その時は弱弱しい心でこんな事を思っていました。

「もし、それで太っても、肌荒れしても、自分の選択なのだから受け入れよう(リスクを背負う感を出し、ちょっとだけ肯定している感じを出している)(しかも結局はダイエットを意識している)」

「無駄でも、今はアイスが食べたいと言う欲求がある。買うお金があり、満足しているから今はそれでOK(自分の行動を正当化して納得したい)」

「でも怖い気持ちも出てくる。私、なんだかんだ生きる気満々だな~」

「こんな事で悩んでいるなんてくだらないな。ここで感情を震わせて楽しんでいるんだ。このレベルで自分満たししてる。今の私のレベルはこんなもんだ(分かっているんだよ、という逃避)」

とか。

 

以前学んだ時に

「女性は満たされない気持ちが食欲に出る事が多い。それはストレスを食欲を満たすという簡単に満たせる欲求を満たす事で発散するため。」

と言う事も知っていたし

「アイスは脂肪&糖で高カロリーで血糖値もドーンと上がるので、快楽を感じやすい」

と言う事も知っていたので

(私は心の満たされない気持ちを、何だかんだ言い訳してアイスに依存しているんだな~)

と思いました。

 

本来ならば、アイスで満たすのではなく、自分の「満たされない心」の本質を探り

そこのケアが必要なんですよね。

でも、その時の私はそんな強さがありませんでした。

てっとり早い、「その時の一時的な快楽」での「自分満たし」と分かっている上で、

今はこの選択しか出来ないと認め過ごしていました。

 

 

しばらく、その状態で過ごし(アイス2個生活)、30代になり、誕生日でのイベントや旅行などで更に食生活が乱れました。

 

 

段々と心が変わり、

 

この辺ですね

twinklejewels.hatenablog.com

 

やっと自分の人生に対して前向きに考えられる状態になり、

「自分は結局どうしたいのか?」「これで良いのか?」と考えるようになれました。

やっと「心と行動のギャップと向き合おう」と感じる時が来ました。

 

 

その時に、やっぱり根本は

「お気に入りの体型で、心が前向きな状態で生きたい」と思いました。

 

アイスは一時的な幸せをくれるけど、今の付き合い方が心から味わってハッピー!の状態かというと、全然そんな事がない。

納得していない食生活なら止めよう。

 

お気に入りの体型の状態で、適量を本当に食べたい時に味わって食べたら良い。

そもそも、0か100の考え以外もあるかも、と思い、一回「自分の設定」を書き出してみました。

 

 

私の設定はこちらでした

 

・食べたら太る

・自分は太っている

・コンプレックスを解消するには努力が必要

・痩せたら〜とずっと願いを握りしめている

・食べることにとても囚われている

・ダイエット=我慢、努力

・私は太りやすい

・太りやすいので少食でないと痩せない

・でもいつも我慢で、我慢がストレス

・少食に出来なく、我慢弱い自分はダメだ

・冷えている、むくんでいる、疲れやすい、色々やってこの状態だから改善は難しいのでは。

エステは心の支えで、その生活が無くなる=恐怖

・ヨガに行きスッキリする=好きだけど、行けない日が続くと不安になる。行かない事がマイナスに感じる。

・体型の悩みやダイエットの悩みは飽きたけど、解消されないので結局気にして苦しんでいる

 

 

書き出すと、結構やばいですね。笑

だいぶ気にならなくなってコレなので、本当に苦しかった時、

私もしかして摂食障害?と思った事もありましたが、そうだったのかもしれません。

  

 

何度か書いている

・在るものに満足しないで、無いものを見つけて自分を攻撃する思考パターン

・努力、頑張る事で成果を出そうとする、認めようとする思考パターン

・自分の現在を否定して未来に向けて生きる思考パターン

 

これらがベースにあったので、

結局は体型や食生活、ダイエットに関しても「ずっと頑張り続ける」方法を選択していたし

「結局どんな状態でも満足できない」「いつかに向けて行動する」

この繰り返しなのだと分かりました。

 

 

長くなったので次に続きます。

 

 

まさに完全に自己満ですが、

私の中では10年以上共にしたダイエットストレス地獄生活から

あっさりと一ヶ月前後で抜けてしまったので

こんなに思考が大切なんだと再認識した所です。

 

上手くまとめられるか分かりませんが、

この考え方、方法、食の知識などが

当てはまり、

このブログを読んで下さっている方で、もし同じ様な悩みがある方がいたら^ ^解消のきっかけになればという思いもあります。

 

メディアの情報や間違った知識、合わない方法を取り入れる選択のセンスと自分の心の状態から

 

ずーっと自分の体型と体調をネガティヴに捉えて私は

 

いつも自信を無くしていました。

 

 

少しずつ心と身体が変わり、

心も身体も誰かの価値観ではなく自分が満足しているかが大切だと思いました。

 

そして、

身体が健康であり、食生活に関してストレスや迷いがないって

こんなに毎日幸せなの!??

とびっくりしています。

 

 

長くなりますが、これは何回に分けてでもしっかりまとめて昇華したいと思います^ ^