丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

快適だけの人生にしよう。

もう、心底頑張る事が嫌いになっています。

心を押し殺したり、身体に無理をさせる「頑張る」が本当に嫌で

どうやったらそれから解放されるかに力を注ぐ毎日になっています。

 

これって、普通かもしれませんが私にとっては普通ではありません。

ずっと、何かの為に頑張ってきました。

今も、頑張る事や何かを達成することは好きですが、見ている所やベクトルが大きく変わりました。

どうしたら快適に過ごせるかに全力を注げるかって、とっても面白い(笑)

そもそも、やっぱり頑張り過ぎるって女性には向かない!と心から感じているのです。

 

まず、睡眠不足が本当に嫌なのです。

こんなにも、私にとって睡眠が大事なんだと改めて思いました。

人によると思いますが、現在の私は満足に眠れる生活をとても大切にしたく、その為に沢山の工夫をしています。

睡眠が満足にとれて、身体の調子が良いとそれだけで一日が快適で嬉しい。

 

あと、食事も好きな時間に好きな時間をかけて好きなものだけを食べたい。

高級なものが良い、とかそういうのは全くなくて「自分が今食べたいものを食べられる自由さ」が欲しいんだと思います。

身体を作ってくれる食事を大切にし、味わいながら感謝してゆっくり食べたい。

 

家も、物があると掃除かめんどくさいしすぐに散らかっている感が出るため、ストレスを感じやすくなってしまう。

それが嫌だから徹底的に要らないものや迷うものを捨てて掃除が楽になるようにしてみました。

そうしたら掃除へのハードルも低くなり、結果的に家で過ごす事が更に好きになりました。

 

こんなささいな日常、に関してなのですが、すごく大切と感じています。

 

また洋服に関してだと、そこまで興味はありませんが、好きなブランドだけでそろえると服選びが楽だからそうして、靴も好きなブランドだと履いていて嬉しいから全部替えました。

化粧品も好きなものだけにしたら迷いがなくなり、目移りしたり欲しいと思うものが無くなりました。

旅行の時にびっくりしたのが、免税店に行ってもデパートに行っても今特に欲しいものが無いのです。(プラダのバック以外笑)私は物欲の塊でいつも何かがほしい「不足感」が常にあったので驚きました。あればあるで嬉しいけど、これと言って今買いたい!と思うものがありませんでした。

 

そして気付いたら、日常で買い物に行く回数も減り、更に買い物で悩む事も減りました。(同じ店にばっかり行くからですね笑)

気が向いた時に行くだけです。

最低限の労力で済むって、私にとって本当に快適です。

その分、本当に好きな事に時間と労力が使えるんです。

これまでは、そんなオシャレじゃない自分が許せなかったのかも。そこまでオシャレに興味が無いのに!

人に不快感を与えず、自分が満足した見た目でいられればそれで良いのですよね。

まさに周りの価値観に振り回されて「こうあるべき」思考で勝手に頑張っていた証ですね。

(誰もそんなに興味が無いし期待していないよ!)

 

今までは他人軸での目線が入る事で「何が欲しくて何が欲しくないか」が明確でなかったんです。

「これって変かな?」とか「一応この方が無難だな」とか「流行りだから買っておこう」とかそういう感情が入り、無駄や遠回りな事が多かったように思いました。

 

これって生き方そのものだから選択全てにその部分が出ますよね。

やってみて、その「不安への準備」は本当に不要だったな~と思いました。

勇気を出して、好きな事に目を向けると本当に生活自体が楽なんですね。

自分が快適で満たされている世界にいると特に不足感が無く、エネルギーの面から見ても、これって良い循環しか生まないなあ~と感じました。

 

 

ふと、思ったのが昔からお母さんに

「あんたはわがまま過ぎる。だらしなさすぎる。欲張り過ぎる」と言われ続けてきたので、

堅実で真面目な母が一般的だと疑わなかったので、確かに自分はそうだと思い、蓋をして人に合わせるように生きてきました。(結局それを目指してもそんな出来ていなかったんですけどね、、)

それを「お母さんの言う通り!本当にこんなですみません~」って笑って認めていれば問題なくお母さんもヤレヤレって笑ってくれたかもしれません。

むしろ「私がやってあげるよ~!」とあれこれやってくれて、無駄な努力をしなくて済んだ可能性の方が高いですよね。

全く受け取れておらず、かなり取りこぼしていたと思います。

それを、自信が無いから「そうだよね。これじゃだめだよね。認めてもらえるように頑張らなきゃ、、」と暗く、重く受け止め勝手にコンプレックスにしていました。

(そして無理に、勝手に頑張ると言う悪循環。。そして辛さを人のせいにする。当のお母さんはそこまで気にしていると気付かない)

 

やっぱり受け取る側だと思うんですよね。

お母さんはただ自分の価値観で生きているだけですもんね。

 

今回も、一緒に旅行に行って、沢山否定されました。

私もいちいち「うるさい!」とか「押し付けないで!」とか「私に好きにさせて!」とか笑いながらも怒ってみて、確信しました。

これで良い、と(笑)

お母さんも、「やっぱりあんたは昔からそういう所があるよね!」「まああんたの人生だからね」と言っていました。

それでも、旅行に行ったり、ご飯を食べさせたり、世話をする事は楽しそうなのです。

 

暗く、重く受け止め勝手にコンプレックスにするくらいなら、無視してでも自分の生きたいように生きて自分で勝手に幸せになった方が幸せだなと思いました。

その為には、やっぱり自分がどうしたら快適に生きれるか?をしつこくしつこく追及して叶え続けてあげる事。

これって何歳になっても続くし、これが出来るかどうかで人生の豊かさや満足度って変わってくるなと感じました。

 

30歳になる前の直前、本当にストレスで自分らしく生きれない感じがありました。

どうしよう、、20代終わっちゃうけど後悔の無いようにやり残したことは無いかな、、と思う事が本当に多くてストレスだったけれど、

なってみて思った事は、「無かった」笑

本当にその時の自分のしたいように、毎日を満足に生きるだけなんですよね。

 

これって、やっぱり生き方全てに反映されると思いました。

仕事も「頑張らなきゃいけない」

恋愛も「頑張らなきゃいけない」

人間関係も「頑張らなきゃいけない」

お金の使い方も「頑張らなきゃいけない」

こればっかりだと、本当にその通りの人生になる。

 

私は、全てに関して自分の好きなように、楽しく快適に生きたい。

活かせる能力や自分の良さを最大限に活かして、周りと分かち合って生きていけるように、そこに注力したい。

その為に自分の良さや特技、なぜか分からないけどラクラク出来てしまう事、喜んでもらえる事、それを見つけて伸ばして行けるように、自分を見つめて掘り下げていきたい。

逆にどうやっても苦手な事や出来ない事は、努力しても自分がきついし、そもそもやりたくないし、、。周りも他の得意な人がやってくれる方が助かるだろうから、素直に認めて頼れる人になりたい。

 

そうやっていくと、お互いに「あなたがいて良かった!」「お互いに嬉しい、快適」になり、全てにおいて「ぴったり!」の良縁ばかりになるのではないかと本気で思いました。

 

その為に、快適さの追求を続けていきたいと思います。

 

 

wowme.jp

30歳になって感じる事あれこれ

30歳になりました。

思っていた以上にまだ実感が無いのですが最近はお祝いしてもらう席や、お盆あたりで出かける事も多く、とても楽しく過ごしています。

 

その中で沢山感じる事があり、あっちこっちとんでしまうかもしれないですが書きとめておきたいと思います。

 

・まだ完全につかめていないけれど、全ての出来事を「選べる」と心から実感している。

以前より、そう感じる事ばかりになりました。

気付いていないだけで、自分の今の状態は自分の選択してきた自分なりのベストである事。それすらも疑わない事も多かったけれど、心から「やっぱり自分を含めてどの人もそうだ、、!」と感じる場面が増えました。

 

そして、どんな事も受け身な姿勢な事が多かった事。そしてそれも疑っていなかったなあと実感しました。

頑張るとはまた違う、、、。

諦めて受け入れてしまいがちな事も、もし嫌であれば自分の選択や勇気によって好きな状態で生きていけると知りました。

 

そもそも、自分以外はそこまで私(自分)の気持ちを分からなくて当然。

勝手に諦めたり、妥協したり、決めつけて無理して生きていても、相手からしたら「そうだったの?」「言ってくれれば良かったのに!」「知らなかった」な事って本当に多いように感じました。

まず、決めつけず蓋をせず、思いやりを持ちながらも、勇気を持って自分の気持ちをなるべく伝えるように努力する事はとてもとても大切だと思いました。

私もそうするように心がけて、いかに自分が自分の価値観で相手を決めつけているか、と言う事に気付けました。

(相手に悪意がなくても、こちらのゆがんだ価値観で勝手に悪くとらえている、決めつけている事ってすごく多いと思いました。相手は関係ない)

 

 

その結果、色々な事に関して迷いが無くなり

好きな事や本当の心の欲求を知る・感じる努力をする→素直に選択し行動する・勇気を出す→叶うまで続ける

全てに関して、これだけだなと心から思いました。

 

世間の常識や、こうあるべきと言う価値観からの決めつけ。自分のねじれたプライド、自信の無さ、、、私自身まだまだ抱えている事が沢山あり、

これを直視する事や、まだ納得するまで向き合えなかったりする部分もありますが、焦る気持ちも最近は無くなりました。

 

今は、一つずつ心のこわばりを取っている段階なんだ。

良くも悪くも、今の現状が全ての答えなんだ。とても優しい世界だな、と思うようになりました。

 

何かの悩みや身体の不調は、生き方や考え方などのずれや改善点を教えてくれている。

それに対する考え方や在り方、反応の仕方を変えないと何も変わらない。

その事を自分自身で強く実感したからこそ、

じゃあ、本当に変わりたい事や心から叶えたい事があるのなら

自分がどういう在り方をしたら良いのかな?その欲望はどこからきているのかな?何か違う所から来ていないかな?と深く深く自分と向き合い続けるだけですもんね。

 

なので、私も沢山向き合ってすぐに変わった部分と、「課題だ、、」と思いベストを尽くしつつも焦らずに取り組んでいるもの、今は放置しているもの、などそれぞれありますが

 

何となく、沢山の自分の小さな変化が大きな結果になっていった事を、数えきれないくらい沢山体感しているので

「どんな感じで叶っていくのかな~」と楽しみにしている部分さえあります。

 

まずはとにかく自分の心をフラットにしていきたい。

 

こんなにも、自分の人生に信頼が置け、楽しみに感じられるなんて、、、。

それだけでも、私のこれまでの生き方からしたら奇跡です。

 

 

そして、私自身本当にまだまだ過ぎますが、「知る事」って本当に大切だと思いました。

知っている事が多いと、選択肢が増える。

今回も、沢山学ばせてもらえた事で、より良い自分に合った生き方が見つかりつつあるし

 

ここも実生活とのバランスを見ながら、優先順位を大切にしながら、

楽しんで学んでいく姿勢も大切にしたいと感じています。

 

 

 

・喜怒哀楽の怒哀に関して

最近の「怒哀」をいくつか振り返った時に自分の抱えている感情に気付けました。

そもそも、どんな出来事も自分がどこにフォーカスするのか受け取っていくのか、選べると知ってから更に怒りや哀しみを感じる事が減ったのですが、

その分小さな「あっ!」みたいなものを見逃さないようにして、声に出すように実験してみました(笑)

 

→仕事相手に「どうしてもここは~しないと私の気が済まないんです、すみません」と言われた時に、なにか違和感がありずっと引っかかっていました。よくよく考えても、私今、自分の気が済むようにばかり仕事をしているのに、なぜこんな事が引っかかるんだろう、、と。

そうするとまだやっぱり自分が一部我慢している部分やストレスを無視して受け入れられていない部分が、沢山出てきました。これは仕方ないからと勝手に決めつけて理想を叶えようとせず諦めてしまっている事がある事に気付きました(仕事以外にも)

その日から、「気が済む」ってすごく良い!私、どんな事も自分の気を済ませたい!と思うようになりました。

(のちに快に生きる、勇気を出すに繋がるなと感じました。)

気を済ませるってやってみるととっても大事だなと思いました。

人生なんて結局全て自己満足。他人は自分の事などたいして気にしていないし、何を感じながら生きていくかを自分で選んでいくのだから、どんなに小さな欲望でも自分が大満足するまで叶えてあげて「気が済む」って最高!と思いました。

それを素直に仕事相手に言えちゃう人を羨ましく思っていたんですね。きっと。

 

→彼といる時に彼の価値観について散々文句を言った。(笑)その日からずっと心に残っていたのが「ずるい!」「無責任!」という言葉。私は自分の在り方を振り返るきっかけになりました。私は勝手に責任を履き違え息苦しく生きてきたので、この言葉は、なんか自分に言っていた気がしました。言った後、(というか、私も散々言ったわりに、割とずるくて無責任だし、現段階ではそれで良いのでは、と思っているな、、)と分かりました。

パートナーシップに心から憧れる気持ちと、自分の心のレベルがまだそこまで行っておらす、今はまず自己満足させたい気持ちが強くあります。そしてその二つの気持ちが両立できない沢山の決めつけと否定心、ネガティブな価値観がある事に気づいてはいますが、今はまだ本腰を入れて取り組めない気持ちがあるので、しばらくはただ、眺める事にしました。

 

→お母さんにプラダのバッグを買う予定と伝えたら否定され「人に自分の価値観を押し付けないで欲しい」「お金の使い方に良い悪いなんて無いと思う」と言いました。これは多分、自分に言いたかったんだろうと思います。

何度もプラダに欲しくて見に行き、型番や色まで欲しいものが何度見ても明確になっており、30歳になったら買おうと決めていたけれど、まだ身の丈に合わないかなあとか、買った後に後悔しないかなあとか不安な気持ちもあったんです。

でも、こんなにずっと気になっていて、これだけ欲しい欲しい!と気になるなら買おうと決心出来ました。

どう考えても、ブランドだから、とかではなく、あのバッグがほしい。いくらでも良い。使っている所を考えただけでワクワクするし、良いホルモンが出て綺麗になりそう(笑)。そこまで感じているのに、ですね。

一番大好きな店舗に買いに行こうと思います。

 

そんな感じで、怒りや哀しみってすごく強いパワーなので、自分の感情や何かの核を知れる良いタイミングの様に感じました。そして思い切って自分に留めずにその先に出しても全然問題がない事も。

 

 

・先程の事に繋がりますが、私の今の深い課題についての「核」は喜怒哀楽に蓋をして溜めこんだ事、自分で何とかしようとして周りと分かち合ったり、はぐぐまなかった事、だと感じています。

自分と向き合わず、周りと分かち合わずに勝手に自分で決めつけ判断し、勝手に頑張る。「方法論」で生きてきてしまった事だなあ~と感じています。それじゃあ中々次の段階にはいけないな、と実感しています。

完璧な人なんていないし、自分も沢山間違えたり、迷惑をかけたり、助けてもらう。

それをお互いに「相補」していく事で色んな事は成長していくんだなと実感しました。その方がめんどくさいし時に恥ずかしいし、時間もお金もかかったり、効率は一見悪く見えますが、

でも感じる豊かさや共有できる喜びを考えたら、全体で見るとその方が何倍も大切でそれこそが「生きる」ってことなんだろうなあと感じています。

(だからこそプラダのバックを買っている場合?とも迷いがありました。(笑)でも、それはそれ、これはこれ、と思うようになりました)

 

 

最近の気付きはこんな感じですが、30歳になって、焦りが無くなりとっても毎日楽しいです。

無理せず、心からそう感じられて良かったです。

 

自分のペースで日々の気付きを大切にしながら、豊かな毎日を過ごしていきたいと思います。

 

 

wowme.jp

海外旅行にて。自分で決めた人生を生きよう!

先日、ブログにも書いていた母との旅行をして無事帰国しました。

twinklejewels.hatenablog.com


 
出発直前、色々な事がありました。
大切な友人の妊娠報告

人生の大きな選択の報告を受ける
知り合いが生きる事に悩み一時的に失踪する
など、他にも細かな事で『その人の生き方』に関しての連絡が「どうしたんだ!?」と言う位一気に色々と来ました。
 

でも、それに関しての自分の心の反応はとても穏やかで「その人はそういう人生を選んだんだな」と伝わった、というだけ。

(妊娠に関しては望んでいた事を知っていたので、良かったね、と心から思いました)

以前のように、他からの刺激に感情があまり振り回される事が無くなり

冷たいかもしれませんが、良い意味で心は穏やかに「人は人」と思えるようになりました。

 

以前であれば上手くいっている人と比べて「なんで私も同じ様な事を望んでいるのに叶わないんだろう」と落ち込んだり、

逆にネガティブな連絡がくると「私があの時~していたら…!」などと自分を責める癖があったと気付いてから、

「どんな出来事が起きても結局は自分を責めるという刺激を選んでいるんだな」と分かりました。

 

そんな自分に気付いてから、すごく嫌だな、と思ったので

「私はその先に何を望んでいるんだろう?」「なんでいちいちそう思ってしまうんだろう?」と根本の見直しをし続けたら、少しずつ気にならなくなりました。

自分の在り方が少しずつ、どっしりとしてきた様な感覚がありました。


そんな中の海外旅行。

せっかくだから、色々なことを置いておいて、細かい事を考えずにのんびり楽しもうと思いながら出掛けました。


 
海外に久しぶりに行って、やっぱり
 
自分の思っている常識は決して世界から見たら常識ではないこと。
それぞれがそれぞれ、生きたい世界を選び楽しんで生きれば良いこと。
自分の人生を、背伸びせずのびのびと楽しんでいる人が改めて魅力的と感じて、無理して何者かになろうとしなくて良いんだなあ~!

と言う事を感じました。
 


非日常で感じる新たな刺激や不便さのお陰で、何気ないいつもの毎日の豊かさを、
でも今の日常が便利すぎる環境と沢山の選択肢がある環境の中にいる事で、色々な事をまだまだ抱え過ぎている事。

どちらにも、気づけました。

 

そして、全て自分で選べるという事も再確認出来ました。
「こんなに世界は広いよ~!あなたはどんな世界でどんな風に生きるの?」

と言われているようでした。
旅は心をフラットにしてくれるんですね。

 

シンプルに。

いつもいつも、自分が心穏やかに豊かさを感じられる環境に素直に手を伸ばしたら良いんだなあ。

そこに、我慢や遠慮やプライド、実力以上の努力はいらないな。

心と行動に素直になる事。無理をしない事。

改めて、その大切さを実感しました。
 


旅行は精一杯楽しむ事が一番の親孝行と思ったので
全力でのんびりして、気が済むまで御飯を食べ、楽しそうな所へ歩き回りました。

 

でも母娘で数日間一緒にいると、疲れて文句を言ったり、段々とあれこれお互いの主張が出たり(笑)

でも、離れて暮らしているとそんな事も中々無いし、それはそれで楽しく思いました。

 

そして、やっぱりいつもの結婚などに関しての話になりました。

時間が沢山あった分、他にもお金の使い方や、生き方など価値観についてまで話が出ました。

 

今回は、この一年の集大成の様に、あれこれ本音で話す事が出来ました。

自分のこれまでの恋愛の話、お母さんの恋愛の話までお互いに初めて話すような事を涙したり、怒ったり、大笑いしながら沢山聞いたり話したり。

自分を大きく見せるでも、何か隠して良く見せようとするでもなく、じっくり話す事が出来て

これは私にとって、とても貴重な時間になったので、またそのうち、別でまとめておきたいなと思っています。

 

お母さんに「こんな風に思っていたなんて全然知らなかった」「考えもしなかった」と何回も言われて、

この一年、大分ぶつかった気がするけど、、!?と思いましたが、

思っている事がしっかり人に伝わるってやっぱり結構大変なのかもしれない、と思いました。

 

これまでは自分に自信が無さ過ぎて、勝手にお母さんの求める人物像を想像して、適当にやり過ごしていたけれど、今の方が断然良い。

私は今の関係の方が好きだなと思いました。

親子でさえ、思っている事や考えている事をきちんと言葉と行動で伝える努力をしないと、こんなにも伝わらないんですね。

以前は伝えようともしていなかったので、全く伝わらなくて当然ですが、、。

 

大切な人と分かち合う、受け入れる、時に許す。その為には、まずは本音を言える関係である事。

その中でお互いに尊重したり、良い距離感をつかんだり、助け合ったり出来るようになっていくんですね。

 

私はこれが誰とも出来ていなかった。自分とも。

これが少しずつ出来るようになっていくと、きっと豊かな人間関係が育っていくんじゃないかな~なんて思いました。

それは恋愛、家族、友達、、など、どれかだけでなく全てですよね。根本は同じですもんね。

 

そんな事を思った旅行でした。


 
お母さんの「中々海外に来る事も無いし、今回すごく良い機会になったよ。やりたい事があったら、まずは無理にでも決めちゃわないとね。」
という言葉で、こういう一見無駄って思える行為も良いなと思いました。

 

とっても良い思い出になりました。

一年前の自分からは全く想像できない展開に、驚きと喜びを感じています!

 

 

 

 

数秘学と言う、ご自身の性質やお悩みの原因が分かる診断を行っています。

自分らしく生きるきっかけになれたら嬉しいです(^^)

評価をして下さった三名の方、本当にありがとうございます!

wowme.jp

30代への絶望。生きている事に感謝、とは?

6月末あたりに何だかモヤモヤしていた時期を含め、最近まで何度か「生きる事」に関して思い悩む時期がありました。

死にたいとかそういう感じではなく、ズーンと無気力な時期が1週間ほど続く、という波が何度もやってきました。

 

自分でも本当にびっくりで、いつもあれだけ元気にあれこれ動きまわっているのにその時期は、基本的に仕事に行くだけでどこかに寄るのもしんどい。

行ってヨガくらい。ただ家に帰り黙々と勉強している。

しかもヨガに行った時に、先生が言っていた「今日も生きている事に感謝」という言葉が引っかかり、なんで感謝?誰に?何を?とか悶々と考えていました。

 

ストレスを常に感じていたので、最低限の欲をまずは満たす事に注力し、食べたいものだけを満足するまで食べたり、沢山寝る、なるべく身の回りを綺麗にするという事を心がけていました。

免疫力が下がり、それから起きる身体の不調や皮膚疾患など小さな体調不良がいくつか起き、「病は気から」をかなり実感した時期でもありました。

仕事に行くとすごく楽しく、周りの明るいパワーに引っ張ってもらえるので、仕事があってよかった、と心から思っていました。

 

その原因は分かっていました。あと少しで私は30代になります。

年齢に関して、そこまで気にした事は無かったけれど、いよいよ30代になる、となった時に漠然とした不安がありました。

 

 

そしてその気持ちの根本を見ていくと、「私は根本で自分への価値を信頼しきっていない」と言うものでした。

女性として漠然とした不安がある。他の方が何歳であろうと全く気にならないのに

自分が30代になると、聞こえとして20代の失われる価値が怖く、嫌だと思っていました。

年齢を聞かれた時に、絶対に素直に答えられる気がしない。

どんな感情なんだろう。毎回自分を責めたり心を閉ざして生きるのかな。

 

とにかくすごく恐かったです。

20代である、という事にこんなに価値観を見出し、そこに執着している気持ちが強い事をしっかり見るようにしました。

誰にでも与えられる「若さ」という価値。

そもそもそれも何歳が「若い」って人それぞれだし、「25歳からおばさん」とかいう人もいるし、、とは思うけれど、

20代である、という良く分からないギリギリの安心感で何とか気持ちを保っていたように思いました。

 

新たな喜びを得るって凄く嬉しいけれど

元々持っているものを失う(と感じる)(しかも何をしても逆らえないもの)を受け入れるって自分と嫌でも向き合わないといけないので、ここへの葛藤がありました。

 

この時期の日記は本当にひどいです。無気力過ぎて字も弱弱しいのですが、「何だか疲れた」とかそんな感じです(笑)

でも疲れたって事は、どこか無理して生きていることだから、じゃあ何に疲れた?とか考えましたが、ストレスで心がいっぱいいっぱいだと「もういいや、とにかく寝よう」とかってなるんですね。何となく消化試合の様な時期。

その時は、人との予定もキャンセルになる事が多く(しかもやむを得ない感じで)今は無理して、焦って出かけなくて良いんだな、と思う事にしました。

彼と会っていても、自分の心が元気ではないとどこか無理をしていたり相手に求める気持ちが強くなり、会った後も「なんか疲れた」とか「しばらく良いかも」とかネガティブな気持ちになりました。

 

そして「ポジティブシンキング」という単語が心から嫌いになりました。

元々違和感があったけれど、心が元気で無いときに無理に明るく物事を考えようって自分を否定しているようで益々「私って本当にダメだな」と思うようになるし

否定して「でも!それでもこんな良い部分があるし☆」って今の自分の現状を見ずに蓋をするって結局は以前と同じ。

それで生きづらくて変わりたかったんだから、今の辛さから目をそらしてしまう様なポジティブシンキングはやめようと思いました。

ポジティブシンキングしようとしてしまう位、満足いっていない現状をしっかり見る事や、喜楽だけでなく怒哀も受け入れる、根本の損得勘定の無い心が大切なように感じています。

 

やっぱり学んだように、「私ってこう思っているんだ~!」と感じて、そのまま書き出したり眺めてみました。結構辛いです。

私って、まだまだこんなに自信がなくて、自分への価値を若さ(とくに若くもないのに笑)という分かりやすい価値に執着している。

老いに対して恐ろしく恐怖心を抱いている。

 

一番のストレスが「選択肢」が狭まる事なのだと分かりました。25歳くらいまでは年齢を気にせず何でも人生に選択肢がある(ように感じていた)

私の中で分かりやすく失われたもの(例えば生足でショートパンツを履く、男性に年齢を聞かれて躊躇せずに答えれる。結婚に関して焦らなくて済む。行き遅れ感など無くかわいそうと思われない)など、とても些細な事で。

沢山挙げてみましたが、結局すべて「自分の設定」でした。別に自分がそう決めつけているだけ。

 

結局私は、まだまだ自由に沢山の選択肢の中で好きな事をして遊んでいたいんだな。でも、一般的な生き方に反していると感じる部分や、どうしても避けられない妊娠・出産がどうしても女性はあるから漠然とした不安があるんだな、と分かりました。

 

それに、25歳の頃が生きやすかったかと言うと、何歳の頃の自分と比べても今の方が断然生き方に迷いが無く自由です。

沢山勉強出来たお陰で、時間もお金も人間関係も大分自由になり、沢山の理想を叶えて生きやすくなったのではないか。

 

あとは、「あの時こうだったら」と過去を悔んでしまいがちだけど、でももう戻れないんだし、そこは受け入れて、きっと今こうである事が「完璧」そう分かっているはず。

 

いったん気持ちを感じ切ると、ふとした時にじゃあどうしたいかが出てくるんですね。

私は、結局生きるなら無理するのは嫌だから「快」に生きたいし、その為には「勇気」を出そう!と思ったり

感情に蓋をしていて上手くいかない事が多かったから「喜怒哀楽」を感じて出していこうと思ったり。

その中で数秘学が好きと再確認して、自分が学んだ事で力になれたらと思いついたり。

結局は「好きに、自由に生きたい」だったんですね。

それが年齢の制限で息苦しくなる(と感じる)ようで辛かった。

 

30代はどう生きたいか。妊娠・出産に関して自分はどうしたいのか。

これは30代になったら考えてみようと思います。

 

また、パートナーシップに関しても結局は何を求めているのか明確にしていきたい。

 

 結局は、私は今回「年齢」と言う事で自分と向き合うきっかけになったけれど、これからの人生、色々な事で自分と向き合うきっかけが何度もあると思います。

その時にやっぱり「自分の選択の仕方」によって豊かな人生になるのか、何となく無理して・感情に蓋をして生きていくのか、違ってくるようになるんだなと思いました。

 

ずっとずっと生きていく上で訪れる。ちゃんと自分と向き合い、自分が生きたい生き方をしているか、を確認しながら進んでいきたいと思います。

 

 

 

 

数秘学の診断行っています。

お申し込みを頂いた方、ありがとうございます。お一人ずつ精一杯診断していきますので

よろしくお願いいたします(^^)

 【自分を知る】生年月日と名前から分かる、自分らしく生きる方法 | WoWme(ワオミー)

 

成功のテンプレート

先日、社長との打ち合わせがあり、それが夕方からだったので、そのあと社長の時間があれば、飲みに行きたいと思っていました。

 

ただ素直に、社長と飲む時間や話をする時間が好きだから、そう思っていました。

私の今の興味のほとんどが仕事に関することと、心に関する事なので

どちらも先輩であり尊敬出来る社長との時間は私にとって凄く好きな時間です。

 

打ち合わせの前、初めの頃は緊張したり前日あまり眠れなかった事を思い出すと、私も色んな意味で成長したなあと思いました。

 

している事は同じなのに、向き合う楽しさが全然違います。

ついには社長との打ち合わせの時間も趣味のよう(しかも好きレベルが高い)となるとは、驚きです。

 

今回の打ち合わせで驚きだったのが、提案した事に関して、話を始めてすぐに

「いいよ!好きにやって」と言われました。

はじめて社長に「全部任せるから頑張りな」と言われて、経営者としてシビアに判断する(だからこそ信頼している)社長のこの言葉に嬉しさと気持ちが引き締まる思いになりました。

 

そして、一通り打ち合わせを終えたあと、願望の通りにこの後飲みに行く?と言って下さり、行く事になりました。

 

暑かった事を言い訳に、沢山飲みました。

 

 

先ほどの打ち合わせでは話せなかった事を沢山話しました。

 

 

 

 

私はこの一年、自分の中では本当に勉強しました。
 
心のことはもちろん、仕事も立場が上がり環境ややり方もかなり変え

何より自分自身が変わりたかったので


とにかく今必要だと感じる事を楽しめるように工夫しながら幅広く勉強したのですが、
 
特に年明け辺りから時間を見つけては勉強をしている自分の生活は地味だなあとは思いましたが、それを辛いと思うことはありませんでした。
 
その上で選択するセンス(根本)は真穂さんに教えて頂いているから、きっと大丈夫と心から信頼していました。
 
 

そして、社長と飲んでいるときに、これまでの色々な事がクリアになった感覚がありました。


 
以前は理解できなかった社長が言いたかった事が分かるようになり、
私も自信を持ち自分の意見が言える。
感謝の言葉が素直に言える。
 
自分が変わりたくて、仕事もこれまで人任せにして何となく責任逃れしていた部分を改善したくて、沢山の事を必死で勉強してきた事をはじめて打ち明けたのですが、

 

(それを言いたくて言ったのではなく、一定期間ではあるけれど沢山の勉強をした事で社長の言いたかった事が後から繋がり理解できた部分があったり、

社長の話す内容やコミュニケーションの取り方が、自分も勉強をした事で物凄く勉強して努力した事が分かったという事を伝えたかった)
 

やっぱり社長も、昔は一定期間、誰にも言わず凄く勉強したと言っていました。


私の陰での行動も、成長速度で分かっていた、みたいな感じ事を言われ
 


これまでの自分の行動が受け取ってもらえて、成長してもらえた事が何よりも嬉しい、とすごく嬉しそうにしていました。
 
私も、本当に嬉しく感じ
今日、こんな展開を期待していなかったなと驚きましたが、

 

私は、これが欲しかったんだな。と分かりました。

 

尊敬している大好きな人と分かち合う事。

自分が得たいものは、必死に頑張って辛い思いをして得た一人の成功(と思えるもの)や、頑張ってる風の自分を褒めてほしいとかではなく

 

得たい現実(ちゃんとお客様に支持されていると胸を張れる現実【売上やスタッフの成長】)を得ている上で、

それを大好きな人と、嬉しいね^o^楽しいね^o^もっともっと^o^って夢を語り、

どうしたらもっと楽しく、喜んで貰えて、お客様から支持されるか飽きずに沢山考えて、また頑張る。

 

仕事に関しては、私はこの感情が欲しかったんだなーと思いました。

 

 

 
見えている景色は、全部自分の価値観だし、
全てに関してどの面を見て、どう捉えるか、
今起きている事をどう学びにするか
全部全部自分次第だし、
 
成功している人は、視座が高いのだ、
(それが良い悪いではなく)という社長の言葉がよく理解できました。

 
 

どんな事も学びに出来る姿勢をこのまま大切にしなさい。

それはあなたをより成長させてくれるし、

どんな事をやっても成功出来るよ。

どんどん視座を上げてより広い視野で仕事をしたら

もっと沢山の感動が待ってるよ。

 

って言った社長の言葉がすごく胸に沁みました。

 

 

これを【成功のテンプレート】と言うそうで、

よく学生時代に運動部だった人が縦社会で昇進しやすいと言われるのは、運動神経うんぬんではなく、

そこで学んだ人間関係力や努力の仕方を仕事に応用出来る人が成功しやすいって意味だよ。って言っていました。

 

あ!

私が身に付けたかった【選択の仕方や生き方のセンス】の事だ!

と思いました(笑)

 

 

私は、

こんな良い話、酔っ払った状態で聞きたくなかったです(笑)

でも、大事な事なのは分かるので、今日の日記に書き留めておきます!

と言ったら社長はすごく笑っていました。

 

 

 

そして、お給料を頂きながら経営の大変さや楽しさを沢山沢山教えてもらって
私は、こんな楽しい経験や普通のエステティシャンが中々できない経験をさせてもらえるなんて
なんて幸せなんだろう!


お仕事で、こんな状態なんて

やっぱり自分の設定が昔のままなら受け取れる事も全然違かった。
 
社長に引き上げて貰えた感があり、それを心から感謝して素直に伝えられるって
私としたら奇跡です、、

 
好きな事への努力=楽しい

しかないですね。

 

もっともっと頑張ろうと思います^ ^

 

 

 

 

数秘学の診断をしています^o^

 

【自分を知る】生年月日と名前から分かる、自分らしく生きる方法 | WoWme(ワオミー) 

与えているようで与えられているんですね

先日こちらで紹介させて頂いた、数秘学のお申し込みを頂いた方に診断を納品した際にご連絡を頂いたのですが、

すごく感動したので、許可を頂きブログでご紹介させていただきます。

 

ちなみにこの後出てくるLily.とは私のワオミ―での名前です。

(余談ですが私は白いオーラ【「純粋」「無垢」「優しさ」「温もり」】を元々持っているそうなのですが、今はまだ心を閉ざしている部分もあり全開の状態では無いそうです。より高めたいと思い白いオーラと近い意味を持つ「百合」の名前を使わせていただく事にしました)

 

ありがとうございます!無事検収できました^^

 

この度はありがとうございました。

長くなりますが、感想を書きますね。

 

まず、明るくポジティブという言葉がなんだか嬉しかったです。

また、「自分を大切にする」ためのアドバイスですが、自分を奮い立たせるというのが自分の中で無意識のうちに趣味のようになっていたので(そして後になって疲れる)、甘やかすことを意識していこうと思いました。

 

また、「ご自身の感性を大切にしてとにかく行動してみる事がより良い人生に向かうヒントになりそう。その中で常識と言う制約や、「こうすべき」という固い価値観に悩みそうです。自分の中の設定や、世間の設定を疑い、ご自身で決めてコツコツ行動して行きましょう。」これが心に残りました。

ちゃんと決めて→行動をしていきたいです。また、ちょうど、自分の中の無意識の「~べき」や世間のなんとなくの決まりに疑問を抱いていたところでした。

世間のそれに沿っていくのが「普通」になっているけれど、その「普通」は私が求めているものか?私が今したいことか?安易に、考えることなく、「普通」の道を「大丈夫」と思いこんでないか?

世間や友達とずれることは恐いですし、自分がおかしいのかなーとも思います。でも、今自分が大切にしたいのは世間の普通ではなく、今自分が課題にしていることだ、と、この文を読んで言葉として実感できました。

また、今ふと気付いたのですが、自分の中で「上司は自分のことが好きではない」という設定がありました。そう設定したら、相手のどのような行動もそのよう(その眼鏡の色から見えるもの)になりますね。そうしたら、そう解釈した私が返す反応も含め、自らそっちに寄っていくことになりそうだ、と思いました。

少し伝わりづらいと思いますが、これは自分の中で大発見です!ありがとうございます^^

 

また、「好きな人や人の為に前向きに行動力を発揮していきます。この気持ちに素直に、勇気を出して行動していく事」という言葉がとても心に残りました。

この言葉を見て、私は上司に対して、前向きに素直に勇気を出して行動していきたいんだなと気づくことができました。他のことにも、そうしていきたいです。

 

上司の性質についてもとても参考になりました。

まさに、論理的で完璧主義でプライドも高いと思います。

確かに、7の数字は私にないものだなと感じました。

本当に考えかたが違うことを実感します。目的が同じであってもアプローチが違うので、そこでのすれ違いを感じます。

また、私が感情を重視し、感情で訴える(好意や敬意を伝える)ところがあるのですが、もう少し淡々としたコミュニケーションに変えてみます。

 

でも、だからこそ上司の考えが新鮮にも感じますし、Lily.さんが仰る通り自分にないものをたくさん学ぼうと思いました。

特に「決めて→即行動」「意思表示」など自分が持ってないものを体感するので、今は学びの時間なんだなあと素直に思いました。今の職場環境に諦めが大きいのですが、見方次第ではもっといろんな学びが存在している気がします。探しています。

 

長くなりました。本当にたくさんの気づきを頂けました。

これからも、ブログ楽しみにしています。

Lilyさんも素敵な日々を過ごされて下さいね。

ありがとうございました。^^

 

 

こんな文章を送って下さっていました。

本当にびっくりして、感動して、何度も読みました。

 

基本的な事を少し教えて頂いて診断をして納品したので、

初めて、ご依頼頂いた方の内面に触れたんですね。

凄く凄く勉強熱心で、とっても心が綺麗な方だと分かりました。

 

こんな方が自分のお客様になって下さった事に心から有難い、恵まれているなあ。

こんなに沢山の事を受け取ってもらえて嬉しいなあ、そして凄いな!

この方はきっと大丈夫。どんな道でも気付きを得てもっと豊かな人生になるだろうな、と思いました。

 

こんなに一つ一つに気付きを持てるこの方がすごい!ととても勉強になりました。

どんな出来事も、もらったアドバイスも、やっぱりその方の受け取る力が大切だと思うからです。

 

私こそ、こんな素敵な出会いに恵まれて、勇気を出して本当に良かった、感謝しかないなと思いました。

 

 

そしてこれまで疑問だった事を知る事が出来ました。

 

真穂さんが良く卒業生やスクール生の事について触れて下さってたり、

全く褒めないと思っていた会社の社長が最近ではしょっちゅう褒めたり認めてくれるようになったのですが

 

それは、「受け取ってもらえた時の嬉しさ」「相手が何か感じてこれからの人生をよりよく生きるきっかけになれたのかもしれない」

 

そう感じた時って、自分ひとりで豊かさを感じた時の喜びの比では無いな、と分かりました。

それは、自分のお陰とかそういうことでは全くなく、

そんな方と出会えたことへの感謝の気持ちと言うか、こんなに嬉しい報告をありがとう!という様な感じ、、ですかね。

 

だから真穂さんも、社長もあんなに私やその周りの人の成長を喜んでくれていたんだなあと分かりました。

 

そして、私は会社でも部下育成も仕事の一部なのですが、

「後ろ姿で見せよう」と思っている割と放任なタイプだったり育成自体何年もしていたり、そもそも部下が出来る子ばかりなので

成長を一緒に喜んだり、一つ一つ認める、と言う部分が足りていなかったなあと気付きました。

出来て当たり前と思ってしまっている部分があったと反省しました。

 

そんな気付きがあったり、すごく嬉しかったりで色々と感じていたら、

先程アップしていたこのブログを見て下さったようで、更にこんなメッセージまで、、!

 

twinklejewels.hatenablog.com

 

 

すみません、追加で!感想を。

 

ブログ読みました。

気持ちが伝わってきてじーーんとくるものがありました。

私が申し込んだのは、ブログからLilyさんの誠実さ、きれいさ(品のようなもの)、丁寧に着実に進んでいくところを感じたからです。

 

余計な話かもしれませんが、私エステに割と何箇所か通っているのですが、Lilyさんのエステはとっても良いのだろうなと感じました。エステティシャンの気持ちって割と伝わってくるもので、誠実さや、きれいにしようと思ってくれていること、仕事に対するポリシーや誇りのようなもの、品、などを感じると、前向きな清らかな気持ちなります。

Lilyさんは良いサービスをされるのだろうなあと、そしてそれは絶対にお客様に伝わっているのだろうなあとブログを見て改めて思いました。

 

私もブログを読んでとても嬉しかったです!^^

素敵な贈り物を頂いた気分です。

ありがとうございました!

 

もう、有難過ぎて私泣いていました(笑)

こんな風に捉えて下さる方もいるんですね。

こんなに好きな事ばかりしかしていないのに、それを良いと言って認めてくれる人がいるって、、!

 

きっとそうだ!大丈夫!と信じて突き進んできたけれど、第三者の方にこう言って頂けると

何だか心に響くものがあり

益々、自分の好きな事に尽力しよう、突き抜けよう!とパワーを頂きました。

 

最後に頂いた、この言葉もとっても好きで、私も大切にしようと思いました。

 

読みながら嬉しく、明るい気持ちになりました。とても勉強になります。

はい、私たちが思うよりずっと世界は自由で、もっと好きに生きていける、きっとそうだなと思いました。

 

本当に私が与えてもらいました。

素敵なご縁を頂き、本当にありがとうございました。 

 

wowme.jp

お申し込み、ありがとうございます

先日載せさせて頂いた数秘学の診断の募集ですが、

早速お申し込みを頂きました。twinklejewels.hatenablog.com

本当に本当に嬉しく、誠心誠意対応したいと思いました。

 

ブログを見て下さっていた方だそうで、これまで診た方以上に色々と復習したり、私にできる精一杯の内容で先程納品させてもらいました。

結果を見て、どう感じて下さったかな、、。何か今後に役立つきっかけになったら良いなと心から思っています。

 

 

正直、私は今広告の業務もしているし、人がネットで何かを購入する事にどれだけステップを踏むのかを割とシビアな目で見ている方だと思うので

とても驚き、嬉しく思いました。

 

しっかり思い入れや気持ちを伝える、という部分ではこれからで、まだまだ足りないかなと思っていたし、

なんのブランド力も無い私自身に、まだまだ対価を頂ける魅力は足りなくて当たり前だから少しずつ力をつけていきたいな、と思っていました。

 

とにかくとても嬉しかったです。

大好きな数秘学でお力になれると思うと、とても力が入りました。

 

 

自分を知るってすごく楽しいです。

自分を心から愛して、自分が思う快適な人生を生きるために、 素直に行動をするってすごく楽しい。

その為に、まずは自分の事にとことん興味を持つ。

 

 

私は特にそうなのですが、

これまでの経験から自分の事を決め付けて、素直に気持ちが出せない臆病な心や

自信のなさから心を閉ざし、真っ直ぐ目の前の人と向き合えずに逃げている姿勢が

色々な悩みや望んでいない状態を引き寄せていると分かりました。

(その考え方がずれているから直さないと、学ぶためにまた同じような事が起きますもんね、、)

 

勇気を持って心を開き、決め付けをせず目の前の人と真っ直ぐ向き合う。

自分を良く見せようとかどう見られているかは気になるけど、

それが気になっているということはまだまだ自分の事ばかりを見ているのだという事。

誰かに先に与えてもらおう、リスクを取りたくないと言う姿勢な気がする。

 

まずは相手の事が良い意味で気にならないくらい、先に自分を満たして満たして満たして、勝手に自分を盛り上げて幸せになり、

溢れるくらいの余裕を持つ事。

 

どんな状況でも、自分は幸せであると心から信じてブレない軸があれば

あとは豊かさを感じるだけだし

どんな事も望んでいることに勇気を出して行動出来る!

 

私はそんな状態の時に、すごくハッピーな事や、自分の想像を超えた展開が起きているなと後からふと気づきました。

その時は見返りなんて求める事も考えないので、結局はどうなっても良いですし、、。

 

頭で考えてばかりいないで、

喜怒哀楽をしっかり感じよう。

感じるままに素直に行動しよう。

 

私の最近の課題は、「喜怒哀楽」をしっかり感じて、恐れずに怒も哀も出していく事。

数秘学での自分の診断を再度してみたり、ちょうどある方にアドバイスを貰った時に、同じような事を言って頂き心から納得したのですが

最近その様なブログや本での一文も読み、様々な部分から同じ言葉が入ってきたので「今の私はここだ!」と感じています。

 

頭で考えてばかりいないで、感じたら感じたまま行動してみる。

良い子ぶったり、物分りが良い振りして、自分を苦しめるのはやめよう。

性格が悪くても良い。

そもそも、自分の思う性格の悪い=他人に受け入れられないって自分の中の決めつけだなって最近気付きました。 

 

そのままの自分で、受け入れられる、愛される世界はきっとある。

むしろそのままだからこそ良いと言ってくれる世界がある。

 

 

自分らしく生きるきっかけになれる事があれば、ぜひご相談をお待ちしています(^^)/

wowme.jp