丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

恋愛についての考察

私はコンプレックスから、恋愛に関してもいつも努力しないといけない気持ちがあり。

 

一般的に可愛くないのに、堂々と男の子にアピール出来る子とか、彼と堂々と付き合う子が凄く嫌いでした(笑)

 

私はこんな頑張っているのに、なんであんな子(ヒドイ)があんなに楽々と幸せになっているんだろう!?

みたいな、、

完全にヒガミですよね(笑)

 

私は好きな人がいる方が気持ちに潤いが出るので、割と恋愛をしていたかったし

コンプレックスを抱きながら、どうやったら好きになって貰えるか。

どうしたら好きな人と上手く付き合えるか、

など本を沢山読んだり、見た目に関してや、気遣いなど自分なりに凄〜く努力しました。(笑)

でも、心から満たされた事はあまりなく。

 

これも「自分を大切にする」の観点から見てみると、

この結果は当然だったなあ〜と思いました。

 

 

真穂さんのブログでどこかにあった、

「いわゆるモテ本」のような行動は逆効果、という文章を見つけた時は、凄く衝撃でしたが、今なら確かに、と思います。

 

まず、「自分を大切にする」をしていると、、

→自分を隠さず、人に合わせず自分を大切にしながら生きる

→魅力度により出会う人数やレベルは変わるかとは思うが、自分の事を好きな人は寄ってくる、合わない人は寄ってこない

→その出会うフィールドで勝負する

 

つまり、出会うフィールドが、素の自分とマッチングしている可能性が高いので、

「無理して付き合い、疲れる、合わない、条件だけ」な事も減るし

そもそも「なんか違う」人と出会う事も減るのではないかな、と思いました。

 

私も何度もアドバイスしていただいた、

「自分を隠して生きていると、そのフィルターを通した人しか出会えないし、出会う人の事もしっかり見れない」

「だからこそ、はじめは勇気がいるが自分全開で生きた方が結果的に愛される環境になるよ!」

だったのだろうなー!と。

 

 

私がヒガみ、大嫌いだった

あまり可愛くは無いけれど愛される彼女たちは

きっと背伸びしたり、何者かになろうとせず、ありのままで生きていたので

それを、良い!と言ってくれる彼を引き寄せ、そのまま幸せでいられたのだろうと。

 

 

だから、私は前回の出会いがイマイチ過ぎたんだ!とやっと腑に落ちました。

自分自身が良い出会いを引き寄せられるような状態では全くなかったですもん。。

トライ&エラー - 丁寧に、一つずつ

 

まず、してもらなえないことにも不満もあったのに言えなかったし、、

これは自分が勝手に頑張っているのに、それに対して見返りを求めていたんだなあと。

全然余裕の無い考え方ですよね。

実践生活がスタート! - 丁寧に、一つずつ

 

 

だから、本当にまずは自分を満たしていく、が先なんだと思います。

 

 

ただ人数にモテたい子は、一時的にチヤホヤはされても、きっとさみしい気持ちを感じる時はあるのでは無いかなと思うし、

いつも身体の関係のみ、という子もやっぱり自分を雑に扱っていたり、私なんて、みたいな考え方の子も多いように感じるので、

 

 

結局は本当に自分がどう在るか、どうしたいか、なんだと思いました。

現状の結果に関して、変わらないなら文句を言わず自己責任を取るだけ。嫌なら変わる勇気を持ち行動を起こす事。

 

 

そして自分を生きる、が出来るようになり、パートナーが必要になれば、

その時にちゃんと必要な人が来るようになるような気がします。

相手が、ではなく、自分が、の視点に変わりますしね^ ^

 

 

 

 

私はどんな人とご縁があるんだろうな。

背伸びしないそのまんまの自分。

日常の延長。

そんな恋愛が出来ると楽しいだろうなー!

とワクワク。

 

 

この間のブログに書いた、気になる気がしている彼とは元々仲が良いので最近もよく会うのですが

 

これまで全く意識をしていなかったので

少し意識をするようになってからだと少し恥ずかしい気持ちもあったり、でもまだ自分のハッキリした気持ちがよく分かりません。

もしかして、好きかもしれない【自分を大切にすると、、?】 - 丁寧に、一つずつ

 

 

これまで全然しなかった、お互いの恋愛の話をゆっくりしたり、

告白ではないけれど、冗談で笑いながら大事に思っている事は伝えてみた。

 

急に変に誘ったり距離を詰めなくて大丈夫。

 

頭で考えず、思うままに素直に。

今は一緒に過ごす時間が本当に楽しく、満足しているから、それで良いかなと思っています。

 

こんな気持ちを感じているだけで、これまでの私からしたら本当に幸せで、本当に嬉しい!