丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

【継続コース】厳しさの中の優しさに涙

更に頂いたお返事です。

おそらく、真穂さんとのやり取りで一番辛かったお返事。

 

それは自分の心の見たくない部分をはっきり言って貰えて、向き合いたくないけれど向き合わないといけないと分かっていたから。

 

ここから逃げたら変われない!

他人にこんなに言ってもらう事は恐らく無いだろう。

本当に有難い。

でも、辛い、、みたいな感じでした(笑)

 

Yさん

うん、そうですね。
今回のことはメールでは無理ですね。

もし課題があるとしたら、いただいたメールの内容そのものというよりも、
そこへの取り組み姿勢というか。

 

あのショートメールの方は特にその傾向が強くて、
それで継続をお断りしたんですが
Yさんもまた「やり方(向き合い方)」にフォーカスする時があると思います。
詰まったときに、頭で解決しようとするところというか。

 

だから、あのやり取りにわたしが事細かに対応したことを見て
なんというのかな、甘え心のようなものも
無意識だけど同時に反応させたところがあるんじゃないかなと。
(ちょっと厳しい言い方になってたらごめんなさいだけど。そして上手く言えてる自信が全くない。)

 

あえて回答するなら、淡々と違和感を感じたら、感じてあげるだけ。
それでどうするか決めるだけ。

あーほんとに人のせいにしたがってるんだな。
あー婚約破棄したプライドが自分の中で許せないんだな。
自分のこと変な子って思って自分をいじめて遊んでたいんだな
とか。(あくまで適当に出した例ですよ)

それ本当に感じていたら、自分でいたたまれなくなったり絶望したりなんやかんやの感情が湧いて
「どうしたい」という最善の一手が自分の中から出てくるはず。
「どうしたらいいか?」という質問は出てこないはず。
なのでわたしはあのショートメールの方にも厳しいことを言いました。

「どうしたらいいか?」とやり方を聞くというは自分のダサさや性格の悪さなどを見たくなくて
「そこ見たり感じたりするのはつらすぎるのでそれはイヤなので、それしないで済むやり方無いですか?」
と言ってるのと同じだから。
もう、違和感を直視して淡々と明らかに見るって
本当にえげつなくドロドロした自分を見ることになるから。
そこに本当にどっぷり浸かったら、嫌でも「で、どうする?」というのは出てくるはずなんだよね。


ちゃかちゃかアッサリ進むもんでもなく、
ひとつひとつがとても苦しい作業です。

あとはもしかして、今回Yさんの中に浮かんだ気になることのほうが実はフェイクで
順調に進んでいることが暇になって
問題というか悩みをあえて創りたくなっているところもあるかもしれない。

このあたりの塩梅が、メールだけだとわたしもわからないんですよね。
どっちかによって、回答も違うし、もしかしたら全然違うところが核になってるのかもしれないし。
メールはアドバイスするにも手軽だけどそのぶん
全然見当違いで返って問題を創ってしまうようなところに返してしまうリスクもあり、
なのであえて今回は回答するのは危険だなと思いました。
いろんなパターンがあるんです。
なのでYさんの期待に沿うことが逆に良くなかったりもする。
判断がYさん側からは意味わからん!ということもあるかもしれないけれど
上手く言葉にしきれないところもあり、
委ねてもらえたら嬉しいなと思います!

 

そしてセッションは、今月難しいことがわかったのは最近?

これは杞憂かもしれないんだけど、
3回目のセッションってつまり(継続コースの金額内では)最後じゃないですか。

だから最後のセッションを少しでもあと伸ばしにしたくて、
後ろに後ろに持っていきたいという人がいたのです。
(そうストレートに相談されたのです)

Yさんがそうだというのでは無いかもしれないし
その子もそれはそれで良いのだけど、
その子はお金や恋愛で彼にごちそうしてほしいしてもらえない、とかを悩んでいた子で
その先延ばしの期間で結局スランプみたいな感じに本人がなってしまって。

その原因って結局その思考自体ががめついから
(できる限り元を取りたい得をしたいから後ろに持っていこうという発想ゆえ。もちろん必要だと思ってもらえるのは嬉しいけどね!)
そういう発想自体がいろんな悩みにもつながっていると思うよ!というような話をしました。
たぶん、そのときもったいぶらずに対面セッションを早めに入れていたら
そこまでこじれずに済んだことがあったようなのです。
まあそれも完璧だったりするのですが!

そんなことがあった直後なので、あくまで別の人の話だけれど
そのあたりも大丈夫かな?と気になったりしました。
違うし!一緒にするな!って感じだったらごめんね^^;

お仕事忙しくて年始でないと厳しくて、ということであればそれは大丈夫です。
また日程候補あげてもらえればと思います。

今日は早く返信できた☆
いつもありがとうございます^^
取り急ぎお返事まで☆

真穂

 

更にこちらも送ってくれていました。

 

Yさん

夜分遅くに失礼します、
先程までお風呂に入っていて、ぼーっとしながら旦那と話をしていてふとここかなと思ったんですが、、、
Yさん、やりたいと言っていたことやその勉強のこととかってどうなりました?
ジムというか身体を鍛えることは順調な感じなんですよね??
(返信、時間があるときでいいですよ!わたしが言うなって感じだけど。。。苦笑)

真穂

 

 

すごくすごくすご〜く、考えさせられました。

恥ずかしいやら何やら。

 

自分の人間性にも悲しくなったり、ごまかしたい気持ちが出たり

無意識な部分でも反省点があったけれど、そもそも無意識ほど失礼な事はないだろう、と思う部分があったり、、

 

とにかく、メールもあまり直視したくなかったけれど

早朝から勇気を出して何度も読み、いつも通りまとめてみて、理解するように努めました。

 

真穂 さん

おはようございます!
昨夜は返信ありがとうございました!
朝からノートにまとめてしまうほど、色々と考えさせられました。

真穂さんの仰りたいことが、とても伝わり、スッキリしました。

まさに、私はやり方にフォーカスしがちで、
一度整理したい、と言う気持ちに良くなります。
今回の事や、真穂さんとのセッションでもノートにまとめて一度読み返して納得できることが多く、感じるままを信じるのがまだ苦手なのかもしれません。

確かに、どうしたら良いかって人に答えを求めてる事自体がダサいなあ~と感じました。

そして、今回の事で少し心の中がスランプ状態になり、ちょうど地元の友達の年末付近のお誘いや実家からの連絡、仕事の休みの調整が出来そう!と言うのがおととい重なり、
ポカッと空いた時間を作り、気分転換したいー!となっていました。
実家でどんな気持ちの変化があるか、そしてまたこのモヤモヤと向き合う時間も欲しいなと思っていたのですが、

真穂さんからご連絡を頂き、真穂さんはその一連の行事後に、、

今、モヤモヤがあり過ぎて気持ちも上手く伝えられそうに無いし、と思っていましたが、時間を確保してでもお会いして頂いた方が良さそう、と感じました。

嫌な気持ちと向き合う事から逃げ腰になっていた、上手くいっていないときに会うことを回避しようとしていた気がします。。ここを私は直したかったし、分かっているつもりだったのに、全然出来ていないと絶望中です。


実家の用事も、まだ予定の調整も出来るか確認してみます。
ちなみに、20日、26日などはご都合いかがですか?


気持ち的に先延ばしにしようと思いましたが、
今回に関しては真穂さんと会うのを先にして少しでも得したい!みたいな気持ちはありませんでした。
どちらにしても相談できる期間は同じなのに、そういう方もいるんだなあと感じる位でしたが、

 

別の事に関して、自分でもがめついなあとか、損したく無い、と言う気持ちになる事はあったので、私もそういう部分はあると思います。
コートを購入したり、興味の無い出かける事に関しても、欲しいか、とか行きたいか、とか感じるままに出来なく、損得で考えてしまっていた自分に気付いたので、ここは一つずつ気持ちを感じるようにしている所です。

前の彼に関しての悩みも、きっとケチな自分にケチな相手が引き寄せられていたんだろうなと感じました。


沢山気付きをくださりありがとうございます。

 

勉強と運動は、毎日かなり楽しく充実しています!
習慣になってきたので、心が新しい刺激を求めているのかもしれません。


よろしくお願いします!

 

 

このように送りました。

真穂さんから頂いたこのメールは、今後も何度も読み返したいなと思います。

 

今現在も、まだこのような部分が出る時があると感じます。

 

元々、割と要領が良く、せっかちなところもあるので気持ちよりも頭で考え効率的に動いてしまう所。

それに伴う損切り出来なかったり、ケチな思考がある所。

そして素直に向き合うのが怖く、一度逃げたくなっていた所も。

 

こうやって誰かに指摘され慣れていないので、精神的に辛く感じる部分もありました。

 

否定したいけれど、この時は淡々と「きっと私にはこういう部分があるんだなあ〜」と感じてみました。

(できれば避けたいし辛かった)

 

ここで言い訳したりごまかしたり、正当化しては結局変われない。

 

臭いゴミに蓋をして、結局変われなくて良いのか?

そこにプライドを使うな!

今は自分の為に頑張ろう、と言い聞かせました。

 

私は、自分の選択の仕方を変えたくて申し込んだんだ。

 

真穂さんだって私が変わりたくて申し込んだんだから、客観的な意見を下さっているんだ。

とても優しい人だから、言いたくないことがあっても私に必要だからと思い、心を鬼にして言ってくれている部分もあるはず。

 

こんな年齢になって、改善点を丁寧に教えてもらえるなんて本当に有難いなあ。

とにかく、ここで逃げずに自分の中で感じてみようと思いました。