読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

今すぐ願いが叶う100のワークその後

先日のブログに投稿した、100個自分を褒めるというもの。

 

まずは先入観無くやりたくて

他の方の挙げているものや真穂さんの考察などを読まずにやってみました。

 

 

その後、他の方のものを読んでみたり

真穂さんのブログや藤本さきこさんのブログ、また藤本さきこさんが引用されていた方のブログまで読みました。

 

まずは、で行ってみたこのワークですが、

なんか、、すごい!笑

 

上手くは言えないのですが、今の私は、藤本さきこさんが引用されていた方の考察の内容がぴったり来る感じです。

真穂さんの記事→藤本さきこさんの記事→そこから飛べます。

 

 

「今すぐ願いが叶う」に関しては

正直私もどうでもよくて

(願いに関して握りしめたり、絶対!みたいな感覚が今、以前ほど無いし、無い方が叶うと分かっているため)

 

一番は、自分を褒める、というある意味少し恥ずかしい自己愛な部分や、他人からの評価を気にしてしまう点、

そこを乗り越えて不特定多数の方に公にする勇気を出す事。

 

それをしてみると、なんか自分の為に、自分を肯定してあげた、みたいななんか爽やかさがあるんです。

不思議なんですが。

他人からの評価ではなく、自分自身が自分にGOを出してあげられた、清々しい感じです。

「男性性・女性性」繋がる事かも!

 

 

自分が自分をどう思っているのか、第三者を介することで、

ただ自分が一人で思っているだけより認めてあげた感が何倍にもなりました。

 

 

また、後から見返してみると

客観的に、私はこういう人なんだな〜と思う。

良い悪い、ではなく、ただそうなんだな、と思う感じでした。

 

そして、ただそうなんだな、と思うと、

 

例えば「素直」だとすると

私は素直なんだな、と改めてスッと心に入ってきて、

褒めた部分が、自分の一部として認められた感がありました。

 

自分のなかでネガティブな部分を書いた項目であっても、それがどうとかではなく、それが私。

嫌なら変わると決めたら良いし、

そのまま受け入れるなら受け入れられる世界で生きるだけ。

自分がどう在りたいかの好みの問題なのかなと思いました。

 

私の考察が合っているかは分からないけれど、

この感覚は、きっとやった人にしかわからないはず!!

 

 

この感覚が、きっと願いが叶いやすい状態に連れて行ってくれるのかな〜なんて思いました。

 

 

どちらにせよ。

こんな素敵なワークを行えた事に感謝です^ ^