読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

たくさんの独り言たち

ただのオンナ実践記

前回のブログから気づけば一週間。

 

私の中では怒涛過ぎる一週間でした。

 

 

 

新月の願いとして、いつか、良いタイミングで、、と書いていた「真穂さんと再会する」が思わぬ形で叶い、

夢だったのかな?と思うくらいお会いしていた素敵な時間は一瞬で過ぎていきました。

 

帰りながらや翌日、振り返った時の、この時の気付きがまた、大き過ぎてゆっくり振り返りたいー!と思いながらもしっかり消化出来ないまま

 

遅れまくった生理が来て、久々に倒れるかも、、という位身体に支障が出ました。

(でも生理が来たことは本当に本当に嬉しく、ありがとうと心から思いました。今更ですが基礎体温つけ始めました)

 

そして、そんな中でも、仕事や予定はやってくる。

今、私がワクワクしている新規事業の説明を受けに行ったり、

個人的に申し込んで、やっと始まったセミナー。

 

体調が悪いからこそ、元気出て逆に良かったかも、と思えるくらい心から情熱を感じたり、

座って話を聞いているだけなので身体に負担が少なかったりで、

辛い中にも幸せを見つけられる自分にも豊かさを感じられました。

 

 

また、大好きな仕事仲間と大好きな友人と一緒に誕生日会をしたのですが、

そこでも感じる事が沢山ありました。

自分の大好きな仲間が共通になり、よりハッピーになる瞬間を目の当たりにした時の気持ちは何とも言えないものでした。

 

 

離れて暮らしているお母さんとのんびりデートしました。沢山話して、美味しいものを食べて。

ここでも、もちろん感じる事が沢山。

別れた瞬間、涙が出ました。

 

 

 

これらのこと、一つ一つ、しっかり感じた事を書いていきたい。

 

前は生き急いでいたけれど、今は、一つ一つの「今」を見つめて大切にしたい。

 

 

書き出して感じた事ですが、私って、

本当に周りの人に助けられ、支えられ、

毎日豊かさを受け取っているんだな。

 

本当にそれに気付けるかなんだな。

無いものにフォーカスするのか、あるものにフォーカスするのか。

それはその人の感じる力、見つける力なんだな。

 

私は、まだまだ感じる力が欲しい。

後から気付いて、あの時に気付けてたらもっと感謝出来たのにって思うことが本当に多いです。

 

 

 

 

そして書き出して

だんだん、自分のパターンが分かってきました。

 

予定を詰め込むのが得意だし、まだ癖でうっかり入れ過ぎてしまうので

 

それで何となく充実しているように感じちゃう。

 

でも、それで少し心を無視しがちになると女性性が苦しくなり、

もっと自分を見て欲しい、どう感じたかしっかり感じ切って欲しい!

大切なものを大切に出来ているか、確認して欲しい!となっている。

 

人間って本当に意識しないと、毎日ほとんど同じ思考パターンを繰り返しているみたいなんです。

→ということは行動パターンも意識しないと変わらない。

→ということは、起きる現象も変わらない。

 

 

そして、振り返る時間が欲しいー!となる。(ブログによく書いてる)

無いとストレス。その後時間が取れてスッキリ。

 

女性性の気持ちを汲み取り、勇気を出して行動する事で満たされる。

 

 

ということが分かり、

 

今も意識的に振り返りの時間にもっと重きをおいて行きたいなと思いました。

継続コース中くらい、しっかり心の事を考える時間が今の私には欲しいかもしれません。

 

本当にとりとめのなさすぎる、自己満過ぎるブログですが、

 

私自身は今書いて、色々明確になり、スッキリしています。

やっぱり書き出すって良いな!

 

 

最近凄くショックな事を言われた事があったのですが

お陰で強く感じた事がありました。

 

誠実に、心の綺麗な人になろう。

やっぱり人間性が全てだ。

と。

 

前も書いたばかりですが、また本当にそう思う出来事がありました。

 

 

どんなに要領が良くても、計算高くて物事を上手くこなせても

やっぱりなんか違う。どこか寂しい。

今の私が欲しいものでは無い。

 

心の綺麗さ、誠実さ、人間性に最終的に人は惹かれるんだ、と今の私は思いました。

 

怒涛の毎日、沢山感じる事がある中で、更にこの事に気持ちを引っ張られ、うまく感情を書き出したり出来ずに溜め込んでいました。

 

 

 

毎日短い時間でも良いから時間を作り、自分の今をしっかり見つめて

 

毎日を丁寧に、豊かなものにして行きたいと思います。