丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

両親との関係の劇的な変化

4月にお母さんが会いに来てくれた時に、色々と話せました。

 

家族との関係 - 丁寧に、一つずつ

 

その時に、お母さんが気に入っていたけど買わなかったバッグがあり(さすが堅実)

それをお母さんの誕生日プレゼントにしようと思い、買いに行きました。

 

人気のバッグだったようで、売り切ればかりで、問い合わせたり店舗に出向いてやっと購入出来たバッグ。

 

喜んで欲しいな、と思い、初めて手紙も付けました。

 

その時に、お母さんからはいつも荷物が届く時に毎回手紙が付いていたな〜と思い出し、私は本当に人からの愛情に気付けていなかったと分かりました。

 

お母さんはあんな高いの、いいのに〜!と言っていましたが、喜んでくれていたことに私は満足でした。

 

 

 

そして、ある時の電話で私の願望であった海外旅行、話の流れであれは本気だよ!と言ってみたら

 

本当に実現することになりました。

 

 

お母さんと私の誕生日に行くことになったのですが、まさか叶うなんて全然期待していませんでした。

 

まず、これまで私が家族で旅行に行きたいなんて提案した事が一度もなかった。

お父さんや、全く関わりの無い兄とでも全然大丈夫!と思えて、そうお母さんに話していた時、自分でもびっくりでした。

 

結果、お母さんと2人での旅行になりましたが、いつもお母さんと会うとしたら実家か私の住んでいる町。

足を伸ばしても都内でした。

何だか新鮮で本当に楽しみです!

 

 

そして。

私が誘ったし、旅費も自分の分だけでも、もし何ならお母さんのぶんも出してあげれたら嬉しいなと思っていました。

 

私が全面的に予約やコースを決めることになったので、あれこれ動いていたら、

「お金は全部出すから、必ず請求してね!」みたいな事を言われました。

それが嬉しかったのではなく、

ここまで愛されていたんだ、と分かった時にその気持ちが本当に嬉しく、

旅行代理店で泣きそうになってしまいました。

本当にこれまで、私が見ないふりや気付かないふりをしていたけど、

本当に前からずっと変わらず与えようとしてくれていたんだな。

受け取っていなかった自分がいただけ、

と分かりました。

 

 

そんなこんなで、旅行の話があるのでここ数日はよく連絡を取っており

それも、また楽しいです。

 

 

 

そして、父は細かく、いつも怒鳴るような話し方で接してくるのが本当に嫌だったのですが

今回も何度か電話で話し、

航空会社の選び方や今の世界的な不安な状態?の話をしてきて

(あれっ、もしかして、お父さんってただの心配症な不器用な人?)と思いました。

 

今回、指摘してくる内容が、鬱陶しい部分は正直ありましたが、「私達を心配している」事だけだったので、もしかして、、、と思いました。

 

ちゃんと振り返ればずっとそうでした。

私は決めつけたような話し方、怒鳴る様な言い方が本当に苦手で

しっかり向き合うこともせず、ただ苦手で避けているだけでした。

私も未熟だったし、向き合うとか受け入れるとか、そこまでの状態ではありませんでした。

 

でも初めて、お父さんの内面を見ようと思えました。

感謝しなきゃ、とずっと思ってはきたけど、中々上手くできない自分も辛かったし、今もまだ上手くやれるかは分からないし、受け取れるかも分からないけれど、、、

私の中では劇的な変化でした。

 

心からありがとう、と思いました。

いつも心配してくれたり、幸せを願ってくれているんだ。

両親とはいえ、それって当たり前ではなく、本当に凄い事だな、有難いな。と思いました。

 

 

そして去年の今頃は婚約破棄がどうのこうの

家族の縁を切るかどうかでどうのこうので、大荒れしていた頃。

一昨年までは縁も薄く、何となくやり過ごしていた。

 

人間関係って、自分が変わればやり直せるんだな。

人生を変えたければ人が変わるのを期待するのではなく、自分が変わる事。

絶対そうだなー!と心から思いました。

 

 

旅行までのプロセスも楽しんで

しっかり準備や勉強をして

お母さんとの楽しい思い出を作ろう!

お父さんのことも少しずつ心を変える努力をしてみよう。

 

今の状態が、何だか、嬉しいです。