丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

おおもとについて考えた  

 

今日はずっとこの事について考えていました。

 

先週末に自分の中でとっても大きな出来事があったのですが

感動や感じる事が大きすぎて、自分の中でまだ消化しきれていない&ご本人にもどこまで書いてよいか確認している所なので、その事に関しては落ち着いた頃に記しておきたいと思っています。

 

 

そして

最近は、何度か書いている美容や健康・心に関して勉強し、それをサロンに活かすマニュアルを作成する事にハマっており

 

こんなに自分自身が情熱を感じ、取り組めるものに出会う事も中々無いので、時間を見つけては早朝でも深夜でも満足するまで行っています。

数年ぶりのあり得ない程の肌荒れをしても、早く寝ようとか思えない程、充実感を感じています。(原因はこれだけではないと分かっているし。。肌荒れに関してはとてもとても悩んでいるけれど)

 

そして、肌荒れに関しての悩みは、私は数年前に沢山苦しんだ末に良くなり卒業したと思っていて、生理前や生活の乱れで一時的にニキビが出来ても、また日常に戻ると良くなる事を覚え、肌綺麗ですね、と周りから言われる事がほとんどで、褒められても意識する事すら無くなっていました。

 

最近の、久々のストレスを感じるほどの治らない肌荒れに関して結構色々と考えている時間が多く、そのお陰で、なぜだろう?と深掘りする事が出来ました。

 

前は、何か起きた!→頭で考える→思いつく対策をする→その気づきのレベルで良くなる時もあるし、繰り返す時もある、繰り返してしまう時は苦しい(未だに繰り返してしまっている事もある)

みたいな感じだったのかな?と思うけれど

 

色々と勉強させてもらい

何か起きた!→まだ頭で原因を探ってはしまうが、なるべく感じるようにしたり、おおもとに関して考えれるようになった、事も増えました。

 

「この事は、なぜ起きたのか?」

「これは、私の何がずれていると教えてくれているんだ?」

「こうなった原因は、この事では無くて、もっと深い別の欲求を叶える為では、、?」

「自分の中の設定に決めつけや、こうあるべき!がないだろうか?」

「こういう事が起きるって、私の中に○○という部分があるんだな、直そう。」

 

とか、考えるようになりました。

起きた事に毎回同じ反応をしていたら、きっとまた別の時に同じ事が起きる。

これはもう、嫌なほど身を持って体感しています。

 

例えば、肌荒れだけれど、この様な生活をしていた時期でも特に肌荒れをしなかった時もある。

という事は、今の変化した生活にも改善点はあるけれど、他にもなにかある可能性がある。

 

・一時的に良くなった生理痛や生理前の状態がまた悪化しつつある(これも、中々改善されていないということは何かがまだずれている。改善の余地がある。)

・長期的な目で見て健康の為に食生活も大幅に変えたけれど、それが合わないか変化途中で好転反応が起きている

・心の問題で、この肌荒れが起こる事により、何かを得ようとしている。何か気付かせようとしている。(思いつかない。しいて言えば、恋愛や生き方に関してなど特に自分の中の課題を感じているが、そことの関連を今は見つけられない。でもありそう、、)

・肌荒れが久々に起こる事により、今の勉強に更に興味関心が沸くので、その為に引き寄せている(だとしたらこれまで十分悩んだし、まだ他にもあるコンプレックスは解消しきれていないのだから勘弁してほしい。でも有難い事に肌荒れしている悩みの方に寄り添える気持ちは、これまで以上に高まったと思う。)

・夜更かしや睡眠不足=肌荒れとか、不摂生をした=肌荒れなどと設定が自分の中に設定があるのかもしれない。原因にはなる事は多いが、イコールではない。

 

 

いくつか考えて、おおもとがこれだ!という気付きがまだなかったので、色々探りつつ、まずは、なるべく以前の目標だった12時までに寝ること(すでに今日も過ぎているけれど笑)をはじめ、出来る範囲でやってみよう。

肌荒れ対策が生活の中心になる、だけはならないように気を付けながら。

ずれてはいけない。あくまで軸は自分らしく快適に生活していく事。

その為になるべく美肌でいる、の順なのだ。

 

 

 

そして、この間ある方との話の一部で、とっても腑に落ちた事があったのです。

 

私がした婚約破棄について。

婚約破棄した事について、今は全く気にしていないし事実として存在しているだけなのですが、

 

もしかしたら、というか、確信に変わったのだけど

これが自分にとって、「望みがかなっていた」状態だったという事。

 

ある方が、「結婚したいと言う願望は嘘ではなかったけれど、もしかしたら、それよりも深い願望・・・

自由でいたい、とか本能により近い部分での欲求の方が強かったから、そちらの欲求が叶っていたのかもしれないね」

みたいな事を言っており、私は心から納得してしまいました。

 

当時の設定として

「結婚はある程度妥協が必要である」とか「結婚は我慢することも沢山ある」とか

「結婚は他に好きな人を作ってはいけない」とか「相手の為に生きる」とか

他にもたくさんあって、私は元々自由に生きたい気持ちが強いので

「何かを得るには何かを失う事は当然なのだ」という喜びより諦めにフォーカスしてしまっていました。

なんか窮屈だなあ、でも、私を必要としてくれているし、など色々蓋をしていたのですが

蓋をし切れない程、本能の欲求や自分に嘘をついている苦しさの方が勝っていたのだと思いました。

 

なので、その時の起きた事はとっても辛く悲しい事ではあったけれど、おおもとから見たら

自分の願望を何とか叶えようとしてくれていた。

 

 

私は、最近の色々な心を動かされる出来事や、自分の小さな価値観の中での設定で生きてきた事に気づいた事、おおもとから考える事の大切さについて気づいてから

 

じゃあ、自分の心の底からの願望ってなんだろう?と考える事が増えました。

 

まだ全然分からない。

肌荒れのおおもとの原因も分からないくらいだし(笑)

 

でも、そこへの探求心は、絶対に必要だと思いました。

自分を知らないと、どうやって生きたいのか、何を大切にしたら満足なのか分からない。

また、壁にぶち当たったり、人の価値観に流されたり失敗を繰り返してしまう。

 

自分の中の当たり前や設定は本当に当たり前ではなくて、勝手に自分で決めつけているだけなんですよね。。

 

なので、なるべく好きな人と過ごし、好きな時間を過ごし、心をいつも観察しながら、こうなったら嬉しいな、快適だな、幸せだな、を敏感に感じれるようになりたい。

 

そんな事を感じていました。