丁寧に、一つずつ

自分を大切にして、自分らしく幸せを感じながら生きていく!ただのオンナ実践記録

30歳になって感じる事あれこれ

30歳になりました。

思っていた以上にまだ実感が無いのですが最近はお祝いしてもらう席や、お盆あたりで出かける事も多く、とても楽しく過ごしています。

 

その中で沢山感じる事があり、あっちこっちとんでしまうかもしれないですが書きとめておきたいと思います。

 

・まだ完全につかめていないけれど、全ての出来事を「選べる」と心から実感している。

以前より、そう感じる事ばかりになりました。

気付いていないだけで、自分の今の状態は自分の選択してきた自分なりのベストである事。それすらも疑わない事も多かったけれど、心から「やっぱり自分を含めてどの人もそうだ、、!」と感じる場面が増えました。

 

そして、どんな事も受け身な姿勢な事が多かった事。そしてそれも疑っていなかったなあと実感しました。

頑張るとはまた違う、、、。

諦めて受け入れてしまいがちな事も、もし嫌であれば自分の選択や勇気によって好きな状態で生きていけると知りました。

 

そもそも、自分以外はそこまで私(自分)の気持ちを分からなくて当然。

勝手に諦めたり、妥協したり、決めつけて無理して生きていても、相手からしたら「そうだったの?」「言ってくれれば良かったのに!」「知らなかった」な事って本当に多いように感じました。

まず、決めつけず蓋をせず、思いやりを持ちながらも、勇気を持って自分の気持ちをなるべく伝えるように努力する事はとてもとても大切だと思いました。

私もそうするように心がけて、いかに自分が自分の価値観で相手を決めつけているか、と言う事に気付けました。

(相手に悪意がなくても、こちらのゆがんだ価値観で勝手に悪くとらえている、決めつけている事ってすごく多いと思いました。相手は関係ない)

 

 

その結果、色々な事に関して迷いが無くなり

好きな事や本当の心の欲求を知る・感じる努力をする→素直に選択し行動する・勇気を出す→叶うまで続ける

全てに関して、これだけだなと心から思いました。

 

世間の常識や、こうあるべきと言う価値観からの決めつけ。自分のねじれたプライド、自信の無さ、、、私自身まだまだ抱えている事が沢山あり、

これを直視する事や、まだ納得するまで向き合えなかったりする部分もありますが、焦る気持ちも最近は無くなりました。

 

今は、一つずつ心のこわばりを取っている段階なんだ。

良くも悪くも、今の現状が全ての答えなんだ。とても優しい世界だな、と思うようになりました。

 

何かの悩みや身体の不調は、生き方や考え方などのずれや改善点を教えてくれている。

それに対する考え方や在り方、反応の仕方を変えないと何も変わらない。

その事を自分自身で強く実感したからこそ、

じゃあ、本当に変わりたい事や心から叶えたい事があるのなら

自分がどういう在り方をしたら良いのかな?その欲望はどこからきているのかな?何か違う所から来ていないかな?と深く深く自分と向き合い続けるだけですもんね。

 

なので、私も沢山向き合ってすぐに変わった部分と、「課題だ、、」と思いベストを尽くしつつも焦らずに取り組んでいるもの、今は放置しているもの、などそれぞれありますが

 

何となく、沢山の自分の小さな変化が大きな結果になっていった事を、数えきれないくらい沢山体感しているので

「どんな感じで叶っていくのかな~」と楽しみにしている部分さえあります。

 

まずはとにかく自分の心をフラットにしていきたい。

 

こんなにも、自分の人生に信頼が置け、楽しみに感じられるなんて、、、。

それだけでも、私のこれまでの生き方からしたら奇跡です。

 

 

そして、私自身本当にまだまだ過ぎますが、「知る事」って本当に大切だと思いました。

知っている事が多いと、選択肢が増える。

今回も、沢山学ばせてもらえた事で、より良い自分に合った生き方が見つかりつつあるし

 

ここも実生活とのバランスを見ながら、優先順位を大切にしながら、

楽しんで学んでいく姿勢も大切にしたいと感じています。

 

 

 

・喜怒哀楽の怒哀に関して

最近の「怒哀」をいくつか振り返った時に自分の抱えている感情に気付けました。

そもそも、どんな出来事も自分がどこにフォーカスするのか受け取っていくのか、選べると知ってから更に怒りや哀しみを感じる事が減ったのですが、

その分小さな「あっ!」みたいなものを見逃さないようにして、声に出すように実験してみました(笑)

 

→仕事相手に「どうしてもここは~しないと私の気が済まないんです、すみません」と言われた時に、なにか違和感がありずっと引っかかっていました。よくよく考えても、私今、自分の気が済むようにばかり仕事をしているのに、なぜこんな事が引っかかるんだろう、、と。

そうするとまだやっぱり自分が一部我慢している部分やストレスを無視して受け入れられていない部分が、沢山出てきました。これは仕方ないからと勝手に決めつけて理想を叶えようとせず諦めてしまっている事がある事に気付きました(仕事以外にも)

その日から、「気が済む」ってすごく良い!私、どんな事も自分の気を済ませたい!と思うようになりました。

(のちに快に生きる、勇気を出すに繋がるなと感じました。)

気を済ませるってやってみるととっても大事だなと思いました。

人生なんて結局全て自己満足。他人は自分の事などたいして気にしていないし、何を感じながら生きていくかを自分で選んでいくのだから、どんなに小さな欲望でも自分が大満足するまで叶えてあげて「気が済む」って最高!と思いました。

それを素直に仕事相手に言えちゃう人を羨ましく思っていたんですね。きっと。

 

→彼といる時に彼の価値観について散々文句を言った。(笑)その日からずっと心に残っていたのが「ずるい!」「無責任!」という言葉。私は自分の在り方を振り返るきっかけになりました。私は勝手に責任を履き違え息苦しく生きてきたので、この言葉は、なんか自分に言っていた気がしました。言った後、(というか、私も散々言ったわりに、割とずるくて無責任だし、現段階ではそれで良いのでは、と思っているな、、)と分かりました。

パートナーシップに心から憧れる気持ちと、自分の心のレベルがまだそこまで行っておらす、今はまず自己満足させたい気持ちが強くあります。そしてその二つの気持ちが両立できない沢山の決めつけと否定心、ネガティブな価値観がある事に気づいてはいますが、今はまだ本腰を入れて取り組めない気持ちがあるので、しばらくはただ、眺める事にしました。

 

→お母さんにプラダのバッグを買う予定と伝えたら否定され「人に自分の価値観を押し付けないで欲しい」「お金の使い方に良い悪いなんて無いと思う」と言いました。これは多分、自分に言いたかったんだろうと思います。

何度もプラダに欲しくて見に行き、型番や色まで欲しいものが何度見ても明確になっており、30歳になったら買おうと決めていたけれど、まだ身の丈に合わないかなあとか、買った後に後悔しないかなあとか不安な気持ちもあったんです。

でも、こんなにずっと気になっていて、これだけ欲しい欲しい!と気になるなら買おうと決心出来ました。

どう考えても、ブランドだから、とかではなく、あのバッグがほしい。いくらでも良い。使っている所を考えただけでワクワクするし、良いホルモンが出て綺麗になりそう(笑)。そこまで感じているのに、ですね。

一番大好きな店舗に買いに行こうと思います。

 

そんな感じで、怒りや哀しみってすごく強いパワーなので、自分の感情や何かの核を知れる良いタイミングの様に感じました。そして思い切って自分に留めずにその先に出しても全然問題がない事も。

 

 

・先程の事に繋がりますが、私の今の深い課題についての「核」は喜怒哀楽に蓋をして溜めこんだ事、自分で何とかしようとして周りと分かち合ったり、はぐぐまなかった事、だと感じています。

自分と向き合わず、周りと分かち合わずに勝手に自分で決めつけ判断し、勝手に頑張る。「方法論」で生きてきてしまった事だなあ~と感じています。それじゃあ中々次の段階にはいけないな、と実感しています。

完璧な人なんていないし、自分も沢山間違えたり、迷惑をかけたり、助けてもらう。

それをお互いに「相補」していく事で色んな事は成長していくんだなと実感しました。その方がめんどくさいし時に恥ずかしいし、時間もお金もかかったり、効率は一見悪く見えますが、

でも感じる豊かさや共有できる喜びを考えたら、全体で見るとその方が何倍も大切でそれこそが「生きる」ってことなんだろうなあと感じています。

(だからこそプラダのバックを買っている場合?とも迷いがありました。(笑)でも、それはそれ、これはこれ、と思うようになりました)

 

 

最近の気付きはこんな感じですが、30歳になって、焦りが無くなりとっても毎日楽しいです。

無理せず、心からそう感じられて良かったです。

 

自分のペースで日々の気付きを大切にしながら、豊かな毎日を過ごしていきたいと思います。

 

 

wowme.jp